添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

イギリスウェールズのホテルやユースホステル情報とWifi環境

time 2017/05/20

イギリスウェールズのホテルやユースホステル情報とWifi環境

イギリスの宿泊の種類としては、大部屋を複数の宿泊客で泊まるドミトリーやユースホステル、また1週間単位で借りることが出来るフラット、そして宿泊と朝食のセットパックの滞在で、イギリスが発祥のB&Bがお手頃な価格で宿泊出来ますよ!(Hotel information in Llangennith, Wales)



羊の村カンゲンニス

この写真はイギリスウェールズ地方にある、カンゲンニス村の中心地の写真です。場所はキングスヘッドホテル(Kings Head Hotel)の、テラスから撮ったものです。この日はちょうど、羊飼いが羊追いをしているところに出くわしました。数にして100頭以上はいたでしょうか?牧羊犬が3頭ほどお仕事もしていましたよ。

背中に緑色のラインがひかれてます。所有者の表示です。ここは日本の様に耳に札を付けるのではなく、背中の色で判断しているようです。カンゲンニスにいれば羊は、いつでもまたどこででも見ることが出来ます。人口よりも羊の頭数の方が多い地方ですから。ですので、足元は充分に注意が必要です。落とし物が山のようにありますから…



キングスヘッドホテル

 

wifi環境と営業期間

 

この写真はキングスヘッドホテルから撮ったものですが、このホテルはカンゲンニスで、唯一wifiサービスのある施設になります。ここではwifiは、非常に快適に利用出来ました。仕事のためにどうしても必要でしたので、結局毎日のようにこちらに通っていました。

営業は12時からランチ営業と、そのまま夜の営業に代わりフードのラストオーダーは21時、ドリンクは23時でした。この村で唯一のパブですので、観光客でとってもわっていました。プールテーブルもテラス席もあります。もちろんホテルですので、宿泊施設もあります。

 

村で唯一のホテル

 

そうでした、キングスヘッドホテルは村で唯一のホテルでもありました。ホテルは1つしかありませんが、その他にもB&Bをはじめ、私が滞在していヒレンドキャンプ場(Hillend camping park)も含め、いくつかは宿泊施設があります。

ここカンゲンニスは非常に土地が高く、また売り出されている家も非常に少ないので、なかなかマイホームを持つのは難しいと聞きました。ですので、例えばキャラバンを1年だけレンタルするなどして、ウェールズの人は滞在しています。

こちらの👉👉イギリスウェールズにある日本人のいない穴場のキャンプ場も参考にしてみてくださいね!

 

イギリスの宿泊施設の種類

 

ユースホステル

イギリス国内で安く宿泊したいのであれば、キャンプサイトも良いですがユースホステルも比較的リーズナブルな料金で宿泊出来ます。大部屋を複数の宿泊客で泊まるドミトリーを利用するのが、1番宿泊料金を抑えられます。相場として15ポンド(2000円くらい)からになります。個室を利用して、共有のバスやキッチン利用すると40ポンド(約5500円)くらいになります。

 

フラット

続いて安く滞在できるのは、フラットです。これはアパートのことで、1週間単位で借りることが出来る長期滞在には嬉しい在先です。ここでも複数の宿泊者と共有するタイプであれば、さらに割安になります。共同でタイプであれば100ポンド(14000円)から、バストイレ付のタイプであれば200ポンド(28000円くらい)からになります。こちらは自炊も出来ます。

 

B&B

だんだんと価格も上がっていきますが、次はB&B(Bed & Breakfast)といって宿泊と朝食のセットパックの滞在になり、ここイギリスが発祥の地だそうです。シングルで、約50ポンド(7000円くらい)です。

 

ホテル

最後にホテルの情報ですが格安ホテルでは、ハイシーズン以外であれば40ポンド(約5500円)らいからがあります。しかしシーズン中は100ポンド(約14000円)以上はします。

 

メインストリートまでの散歩道

ヒレンドキャンプ場から村の中心地までは、歩いて片道15分くらいです。一本道の道路を歩いても良いですし、丘経由でも同じくらいの所要時間で行けます。丘を経由すると、展望が良いですよ!道路を歩いていると、必ずと言っていいほど道を尋ねられました。ここでキャンプ場は1か所だけなのですが、分かりずらいようですね。



こちらの👉👉イギリス発祥フットパスでトレッキングやウォーキングを楽しむや、
イギリスウェールズのポートアイノンとホートンへトレッキングも参考にしてみてくださいね!

 

おわりに

ちなみに残念ながらこのテラス席からは、夕陽が海に沈む様子はご覧いただけません。けれども真っ赤に染まる夕焼けは、もちろん覧いただけますのでご安心を。宿泊施設は限られていますので、特に夏のハイシーズンの予約はお早めに!ぜひイギリス発祥のB&Bは、滞在してみたいものです。

合わせてこちらも参考にしてくださいね!!⤵⤵
イギリスウェールズのサーフポイントとウィンドサーフィン
イギリスウェールズでパラグライダーのアクティビティ体験
イギリスロッシリでクリームティーとアフタヌーンティーをいただく
イギリスウェールズ夕陽の名所スポットのワームズヘッド
イギリスウェールズの夕陽の名所カンゲンニスと世界の夕陽スポット
イギリスウェールズのロッシリベイでアクティビティ体験

コメント

  • This site really has all of the information and facts I
    wanted concerning this subject and didn’t know who to
    ask.

    0

    by quest bars cheap €2019年12月10日 3:53 AM

down

コメントする







プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10