添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

イギリスウェールズのポートアイノンとホートンへトレッキング

time 2017/05/19

イギリスウェールズのポートアイノンとホートンへトレッキング

ウェールズのサーファーの町カンゲンニスを出発し、観光地ワームズヘッドのあるロッシリを経由して、ポートアイノンとホートンを目指します!途中には公衆トイレもお店もないので、ロッシリの公衆トイレとショップが最後になります。途中の断崖絶壁の景観は素晴らしかったですよ!ポートアイノンには、キャンプサイトやビーチ、キャラバンサイトがありました!(Port Eynon & Horton in Wales,UK)



ポートアイノンまでトレッキング

 

ロッシリ経由で

 

この日はとても天気が良かったので、トレッキングへと出かけてみました!ウェールズのカンゲンニス(Llangennith)を出発し、まずは私の大好きなロッシリ(Rhossili)を経由します。そしてこのポートアイノンまでは、片道約3時間半の所要でした。

あまりにも天気と展望が良かったので、写真を撮りながら道草をしながらでした。また2回ほど道を間違えてしまいましたので、実際は3時間くらいで到着出来たかもしれません。参考までに。

 

事前にお手洗いを済ませましょう

 

途中何度かアップダウンがありましたが、そんなにきついとは思いませんでした。また平原を歩くところも多かったので、全体的には非常に歩きやすいトレッキングコースでした。

ちょうど週末ということもあり、たくさんの方とすれ違いました。1番困ったのはお手洗いでした。もちろん途中には公衆トイレも、むしろお店なんてものはありません。そして身を隠すところも、全くありませんでした。要注意です。ロッシリの公衆トイレが最後ですので、心配な方はご利用ください。



ポートアイノンのビーチ

 

カンゲンニスを出発してから3時間半。ようやくポートアイノンに到着しました。この写真を撮影した場所から、3分程丘を下っての到着です。まずキャンプ場が見えてきました。

キャンプ場の奥にビーチが広がっているのですが、このビーチの遊泳できる範囲が狭くてびっくりしました。なんと左右の幅が約25メートルくらいしかなかったのです。あまりにも狭すぎませんか?正直岩も多くあったので、あまり条件の良いビーチという印象はありませんでした。

ここよりもロッシリビーチの方が、何倍も広くて快適です。それはロッシリビーチは岩が全くなくて、裸足でどこまでも歩いて行ける快適なビーチなんです!ポートアイノンは岩が多いということで、サーフィンにも向いていません。そもそも波も無かったですしね。ちょっと残念でした。

 

ポートアイノンのキャンプ場

 

ポートアイノンには、2箇所にキャンプ場施設が分かれていました。1つはこの写真の手前側に写っている、キャンピングカーやテント泊の出来るキャンプサイトです。ビーチが本当に目の前にあるという点では、良いかもしれませんね。

 

もう1つはビーチのちょうど中央付近に、キャラバンのみの施設がありました。私が滞在したカンゲンニスのキャンプ場のキャラバンとはまったくことなり、こちらは集合住宅かのように密集していました。カンゲンニスの方が、少しプライベートの空間が設けられていますよ。

こちらの👉「イギリス発祥フットパスでトレッキングやウォーキングを楽しむ」や、

イギリスウェールズにある日本人のいない穴場のキャンプ場も参考にしてみてくださいね!

 

イギリスのキャンプ場の特徴

 

イギリスはキャンプ大国

 

イギリスの大部分のキャンプ場とキャラバン用の駐車場は、1年の内約6か月間しか営業していません。目安として、イースター頃から10月初旬までの営業になります。料金はこちらも目安ですが、キャンプ及びキャラバンの場所代として20ポンドくらいです。極端に、安いというわけでもありません。

しかしイギリス国内には、たくさんのキャンプサイトやキャラバンの駐車場が点在していますので、移動型のグループにはやはりキャンプ場を利用する方が、観光地をめぐるのに効率が良いのが実状のようです。

 

イギリス人は自然が大好き

とにかくイギリス人は、自然が大好きです。私の相方にも言えることですが、休日には近くの山を登ったりと、あまり手の掛けられていない自然を好みます。例えばキャンプ場ではなく山の中腹にテントを張ったり、川の側でテントを張りその川でお洗濯をしたりと、なかなか自由です。



おわりに

イギリスへ旅行に来るときにキャンプサイトを候補にいれるのも、いつもと違った視点から楽しめるかもしれませんよ!キャンプ大国のイギリスだからこそ、整った環境の中で滞在を楽しめること間違いなしです。けれどもイギリス人はそんな環境よりも、もっとアウトドアな環境を好むようですが...

合わせてこちらも参考にしてくださいね!!⤵⤵
イギリスウェールズのサーフポイントとウィンドサーフィン
イギリスウェールズでパラグライダーのアクティビティ体験
イギリスウェールズのホテルやユースホステル情報とWifi環境
イギリスロッシリでクリームティーとアフタヌーンティーをいただく
イギリスウェールズ夕陽の名所スポットのワームズヘッド
イギリスウェールズの夕陽の名所カンゲンニスと世界の夕陽スポット
イギリスウェールズのロッシリベイでアクティビティ体験

コメント

  • very good submit, i actually love this website, carry on it

    0

    by Web design €2019年12月11日 12:36 AM

down

コメントする







プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10