添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

イギリスウェールズにある日本人のいない穴場のキャンプ場

time 2017/05/10

イギリスウェールズにある日本人のいない穴場のキャンプ場

イギリス・ウェールズ地方のカンゲンニスの村にある、ヒレンドキャンプ場をご紹介します!ここはほとんどがウエールズ人かイングランド人で、たまに隣国のフランス人を見かけるくらいです。日本人観光客は、今までほとんど来たことがない穴場のキャンプ場です。テント泊やキャラバンの滞在、私のようにキャンピングカーで滞在している人がいました。(Camping park in Wales,UK)



イギリス・ウェールズ地方のキャンプ場

 

ヒレンドキャンプ場からの景色

 

今日からブログ始めました!添乗員という仕事がらと、趣味ももちろん旅や旅行なので、今日からドンドン、世界各地の写真をアップして現地の情報をお届けしていきます!

先週までフランスとイギリスのウェールズ地方を旅していたので、まずはその旅のなかで出会った、海に沈んでいく夕日を載せてみました。 これはイギリス・ウェールズ地方のカンゲンニス(Llangennith)にあるヒレンドキャンプ場(Hillend camping park)での1枚です。時刻は21:00頃だったかな?日がとっても長くて、23:00頃もまだうっすら景色が見渡せるほどです。

 

日本人がいない観光地

 

このキャンプ場にある唯一のショップ、ヒレンドショップ(Hillend shop)でかれこれ17年働いているイギリス人の相棒が言うには、毎年夏はここで過ごしているそうですがその17年間の間に、訪れた日本人は私で2組目だとか...

しかも1組目は日本人の家族だったそうですが、どうやらイギリス在住の家族だったみたいなので、そうなると日本人観光客としては、私が1番目になるのか?!!そんなマイナーでナイスなカンゲンニスを、しばらくご紹介していきます!



ヒレンドキャンプ場での生活

 

3つの宿泊のスタイル

 

写真にもバックにしっかりと映り込んでますが、この写真はヒレンドキャンプ場の一角から撮ったものです。テントで滞在しているひと、はたまたキャンピングカーで滞在している家族、またこの写真には写ってはいないですが、写真の左側にはズラッとキャラバンの村が続いています。

テント泊は2名までだと、1泊20ポンド(約3,000円)キャンピングカーは2名までで、1泊25ポンド(約3、250円)です。 イギリス国内でも決して安い宿泊代ではありませんが、今後ご紹介していきますが、素晴らしビーチと波乗りを楽しんだ1日の最後には、この素晴らしい夕陽を拝むことが出来るロケーションなのです!

もしキャンプサイト以外の宿泊施設に興味のある方は、こちら⤵⤵
イギリスウェールズのホテルやユースホステル情報とWifi環境を参考にしてみてください。

水回りは使いたい放題

 

またキャンプ場のシャワールームと、飲料用の水の蛇口はひねり放題です!いわゆる滞在料金さえ払ってしまえば、水回りは使いたい放題ってわけなのです。 ウェールズだけでなくイギリス国内、また隣国からの観光客にも人気の高いビーチに隣接するキャンプ場なわけですから、滞在料金も先ほどご紹介した料金くらいはするものなのでしょうね。

テント・キャンピングカーサイトは、手入れの行き届いた芝が一面に生えていて、そこでフットボールで遊んでいる家族もたくさんいました。

キャンピングカー生活に興味のある方は、こちら⤵⤵
キャンピングカーの冷暖房設備とメリットデメリット
も参考にしてみてくださいね!

イギリスのキャンプ情報

 

イギリスはキャンプ大国

 

ここイギリスは、キャンプ大国として知られています。ですので夏休み・週末・連休にもなると、キャンプサイトは常に予約でいっぱいになります。なかには500組受け入れ可能な、大きなキャンプサイトまでいっぱいになる勢いです。

ですので、早めの予約をおすすめします。またキャンプサイトにもよりますが、最低2泊からとか、3泊からしか予約を取らないところもありますので、事前の確認が必要ですよ。

 

周りは放牧地

 

イギリスのキャンプ場の多くが、周りに馬や羊が放牧されています。その放牧地のゲートを開けて、お邪魔することは可能です。その際は必ずまたゲートをロックしなければなりません。キャンプサイトの入り口には、家畜がキャンプサイトの中に入らないように大きな溝が彫られています。

その溝に目の粗い網格子がかけられていて、家畜が怖がりキャンプサイトへ入られないというしくみなんですね。私は自転車でよく出入りをしていましたが、自転車は問題なく通れました。



おわりに

そんな自然豊かなイギリスのキャンプ場情報や、またそのすべての光景が絵になるこのカンゲンニスについても、今後ご紹介していきます!全然日本人のいない、ここロッシリビーチにあるカンゲンニスの情報を発信している人は、きっと他にはいないと思いますのでお楽しみに!

合わせてこちらも参考にしてくださいね!!⤵⤵
イギリスウェールズのサーフポイントとウィンドサーフィン
イギリスウェールズでパラグライダーのアクティビティ体験
イギリス発祥フットパスでトレッキングやウォーキングを楽しむ
イギリスウェールズのポートアイノンとホートンへトレッキング
イギリスロッシリでクリームティーとアフタヌーンティーをいただく
イギリスウェールズ夕陽の名所スポットのワームズヘッド
イギリスウェールズの夕陽の名所カンゲンニスと世界の夕陽スポット
イギリスウェールズのロッシリベイでアクティビティ体験

コメント

  • Well I definitely enjoyed reading it. This post provided by you is very constructive for correct planning.

    0

    by Togel Online €2019年10月16日 11:58 PM

down

コメントする







プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10