添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

ワット・マハータートやワット・シー・チュムのタイ文化遺産巡り

time 2018/05/05

ワット・マハータートやワット・シー・チュムのタイ文化遺産巡り

ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産や自然遺産は、タイ国内に5か所存在します。いずれの世界遺産も、未来にわたって大切に受け継いでいくべき、かけがえのない価値をもつものばかりです。

タイを訪れたら、その素晴らしさをぜひ自分自身の目で確かめてみましょう。今回はアユタヤ―とスコータイに焦点をあててご紹介します!(world heritage sites in thailand)



アユタヤ―

(Ayutthaya)

 

1351年にウー・トーン王によって建国されて以来、417年にわたって栄華を誇ったのがアユタヤー王朝です。その王都であるアユタヤーは、1767年にビルマ軍の攻撃によって徹底的に破壊されてしまいました。

崩れかけた仏塔や頭部を落とされた仏像が、それらの沈黙とともに当時の繁栄の名残を伝えています。古都の遺跡に残されている、その栄華と没落の記憶を探してみましょう。

そのなかでもワット・マハータート(Wat Mahathat)は13世紀に建立された、アユタヤ―でもっとも重要な寺院のひとつになります。かつては全高44mの巨大な仏塔があったとされていますが、その仏塔もビルマ軍によって破壊されてしまいました。

そして破壊された後に木の根に取り込まれた神秘的な表情の仏像の頭部など、数多くの見どころがある遺跡になります。



ワット・ローカヤースッター

(Wat Lokayasutha)

ワット・ローカヤースッターとは、遺跡が集まるエリアの西に位置している、全長28mの寝釈迦仏のことです。1956年にタイ芸術局によって復元されました。そのおおらかなたたずまいは、参拝に訪れる人々に心の安らぎを与えてくださいます。

 

ワット・プラ・シー・サンペット

(Wat Phra Sri Sanphet)

ワット・プラ・シー・サンペットは、アユタヤー王宮跡の南にある寺院です。当時の宮中儀式は、ここで執り行われていました。

かつては黄金に覆われた高さが16mの仏像がありましたが、こちらも同じくビルマ軍によって破壊されてしましました。今も残っている巨大な3基の仏塔には、15世紀ころの3人の王の遺骨がそれぞれに納められています。

 

ワット・チャイワッタナーラーム

(Wat Chaiwatthanaram)

 

ワット・チャイワッタナーラームは1630年に、プラサート・トーン王が亡き母をしのんで建立した寺院です。クメール様式で建てられているのは、カンボジアとの戦争の勝利を記念するためだったという説があります。

ビルマ軍によって破壊されたあとの1987年に修復されましたが、境内には破壊されたままの仏像が今も多く残されています。

 

スコータイ

(Sukhothai)

 

13世紀にタイ民族で最初の王朝として誕生したスコータイ王朝は、第3代王のラームカムへーンの時代に全盛期を迎えて、この地に数多くの寺院を築きました。

そして王朝の衰退の後は、無数の遺跡群は数百年間もジャングルに埋もれていましたが、ユネスコとタイ芸術局によって修復されて、歴史公園として今甦っています。

 

ワット・シー・チュム

(Wat Sri Chum)

 

ワット・シー・チュムとはスコータイの歴史公園の北西に位置する、スコータイの象徴とも呼べる寺院になります。

暑さが3mもある分厚い壁に囲まれた礼拝堂の内側には、高さが15mの巨大な仏像、「恐れない者」という意味の名をもつアチャナ仏が祀られていて、この場所を訪れる人々を静かに見つめています。

 

ワット・マハータート

(WAt Mahathat)

 

ワット・マハータートも、スコータイの歴史公園の城壁内の中心にある、スコータイでもっとも規模の大きな寺院になります。無数の仏塔や礼拝堂、仏像や池などを擁しています。

その中心部では、スコータイ独特の建築様式である蓮のつぼみ型の仏塔が、スリランカやラーンナー・タイなどの影響を受けた様式の仏塔に囲まれています。



おわりに

その他にも大小3つの太いプラ―ンが特徴的な、ワット・シー・サワーイ寺院(wat sri Sawai)や、ワット・トラパン・ングン寺院(Wat Trapang Ngoen)も見逃せませんよ。

タイ・プーケットにもっと興味のある方は、こちらの
プーケットのパンガーで007ジェームズボンド岩やダイビング体験
トゥクトゥクでパートーンビーチなどのプーケット観光へ行こう
プーケット・ピーピー島レームトーンビーチまでトンサイ経由で行こう
ザ・ビーチの舞台プーケット・ピーピーレー島でシュノーケリング

プーケット以外の、タイのおすすめ観光スポットに興味のある方はこちらの⤵⤵
少数民族の村落ツアーに参加!クメール遺跡やパタヤービーチも大人気
ワット・マハータートやワット・シー・チュムのタイ文化遺産巡り
も参考にしてみてくださいね!




プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10