添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

トゥクトゥクでパートーンビーチなどのプーケット観光へ行こう

time 2017/08/17

トゥクトゥクでパートーンビーチなどのプーケット観光へ行こう

プーケットはアンダマン海の真珠と称される、タイ最大の島になります!そして、タイで最も有名なリゾートアイランドでもあります。プライベート感覚のビーチや賑やかなナイトクラブ、各種のマリンスポーツ、そして気軽に宿泊できるバンガローから超高級ホテルまで、様々なニーズに応えてくれる、リゾートアイランド・プーケットをご紹介します!(Ko Phuket in Thailand)



プーケット島内の移動手段

 

プーケットは総面積が約543㎢、南北に約45kmとかなり大きな島になります。けれども公共機関があまり整備されていないので、島内の移動は少し不便です。ですので、見どころを周るには、送迎付きのツアーを利用することをおおすすめします。

旅行者が利用出来る交通手段としては、ソンテオやバス、トゥクトゥクやモーターサイがあります。あちこち移動をするのでしたら、レンタカーやレンタバイクが便利で尚且つ安くなります。旅行会社で、ガイド兼ドライバー付きの車をチャーターすることも出来ます。



ソンテオやバス

 

決まったルートを走る、路線運行している交通機関です。プーケット・タウンのラノーン通りにあるバス停が起点なので、ビーチ間の移動には利用しずらい点があります。また乗り心地があまりよくないのですが、とても安いのが魅力です。

運航時間は7:00~18:00で、主なルートは約3o分おきに出発しています。途中から乗る場合は、手を挙げて合図をします。そしてルート上の好きな場所で、下りることが出来ます。

プーケット・タウン内とその周辺は、マイクロバスと呼ばれるピンクのソンテオも走っています。ルートは3つあって、その路線図はTATでもらえます。毎日6:30~20:30の間に、15~30分おきに運行していて、料金は1回10B~です。

 

トゥクトゥク(タクシー)

プーケットのトゥクトゥクは、小型トラックやワンボックスカーを改造して、簡単な座席を付けたようなタクシーのことです。料金は交渉性になっていて、言葉が通じない時は紙に書いて確認すると良いでしょう。

 

モーターサイ

タウン内と、各ビーチ内ともに初乗りは40B~です。

 

レンタカーやレンタバイク

 

エイビス(Avis)やハーツ(Hertz)の他に、タウンやビーチにレンタカー&バイク屋があります。料金は110ccバイクで1日200~300B程度、SUV車で1日2400B~、乗用車は1111400B~が目安です。これらはガソリン代は別でのご案内です。

道路は整備されていて走りやすいのですが、パートーン・ビーチ周辺には、坂やカーブのきつい道があるので事故が多発しています。またプーケット・タウン周辺は交通量が多いので、運転には充分に注意をしましょう。そしてオートバイに乗る時には、ヘルメットの着用が義務づけられているので、必ず着用しましょう。

 

プーケットの代表的なビーチ

パートーン、カロン、カタはプーケットを代表するビーチです。どのビーチも遠浅で、ホテルやバンガローも多くて、様々なマリンスポーツが楽しめます。レンタカーやレンタバイクで島めぐりをしながら、ビーチを訪れるのもいいですね。

 

パートーン・ビーチ

(Haat Patong)

 

プーケットを代表する広々としたビーチで、波が穏やかで泳ぎやすいのが魅力のビーチです。また周辺にはホテルやバンガロー、レストランにショッピングセンター、そしてお土産屋が集中していて、とても便利なロケーションです。

ビーチのほぼ中央にあるバングラー通り(Bang-La Rd.)周辺にはたくさんのバーが軒を連ねていて、賑やかなナイトライフを楽しむことも出来ます。ラット・ウーティット通り(Rat-U-Thit Rd.)には、夕方から夜にかけて屋台も出ます。

 

カロン・ビーチ

(Haat Karon)

 

パートーン・ビーチの南側にある長いビーチで、パートーン・ビーチよりも落ち着いた雰囲気があります。歩くとキュッキュッと音がする鳴き砂の浜になります。

ホテルがビーチ沿いに20軒ほど点在している他、カロンの町にもたくさんのゲストハウスがあります。レストランやショップ、バーもあるのでそれほど不便に感じることはありません。パートーン・ビーチが賑やか過ぎると感じる人には、おすすめのビーチです。

 

カタ・ビーチ

(Haat Kata)

小さな岬を挟んでカタ・ヤイ・ビーチと、カタ・イーノ・ビーチに分かれています。カタ・イーノ・ビーチはカタ・ヤイ・ビーチよりも静かなところなので、落ち着いた雰囲気を過ごしたい人にはピッタリのビーチです。繁華街は、ビーチから少し入ったところにあります。



おわりに

その他にもプーケット島の最南端にあるラーワイ・ビーチ(Haat Rawai)や、キレイな日没を見ることが出来るナイハーン・ビーチ(Haat Nai Harn)があります。もっともっと落ち着いたビーチが好みの方には、カマラ―・ビーチ(Haat Kamala)、スリン・ビーチ(Haat Surin)、バーンタオ・ビーチ(Haat Bang THao)もおすすめですよ!

タイ・プーケットにもっと興味のある方は、こちらの
プーケットのパンガーで007ジェームズボンド岩やダイビング体験
トゥクトゥクでパートーンビーチなどのプーケット観光へ行こう
プーケット・ピーピー島レームトーンビーチまでトンサイ経由で行こう
ザ・ビーチの舞台プーケット・ピーピーレー島でシュノーケリング

プーケット以外の、タイのおすすめ観光スポットに興味のある方はこちらも参考にしてみてくださいね!
少数民族の村落ツアーに参加!クメール遺跡やパタヤービーチも大人気
ワット・マハータートやワット・シー・チュムのタイ文化遺産巡り
も、参考にしてみてくださいね!




プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10