添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

四国霊場八十八ヶ所お遍路に必要な服装と用具やその価格

time 2017/08/09

四国霊場八十八ヶ所お遍路に必要な服装と用具やその価格

これから巡礼へ出発されるお遍路初心者の方に必要な、正装や用具一式の一通りのご案内、また便利な一工夫も合わせてご紹介します!全て揃える必要はないのですが、最低限揃えて欲しいものがあります。価格の目安もご紹介しています。

私は四国88ヶ所お遍路の旅を、今までに5回ほどツアーの添乗員として、同行させて頂きました。お四国に興味がある方、またこれから遍路へ行かれるこたの参考になればと思い、この記事を書いてみました。まずは服装から、ご紹介します。(cloths and items for Henro in Shikoku)



出発前に遍路の服装について知っておこう

 

最近は簡略式の装束が多い

 

お遍路さんと聞いて思い浮かぶのは、白装束姿ではないでしょうか?この白衣に身を包むのは習わしで、自分の命がどこで絶えても構わないという「死装束」の意味がありました。

最近はバスツアーやマイカーで周る人が増えて、簡略式の装束で周る人も多く見かけます。私は添乗員としてお客様をご案内させて頂いていますが、足元は動きやすいスニーカーに、速乾性のある服を着用されている方がほとんどです。

 

旅行会社を通して申し込み

 

本格的な遍路装束と用品一式を揃えるとなると、約1万~4万ほど掛かっています。これらは通信販売や、1番札所所霊山寺門前のお店で購入することが出来ます。

もしツアーで行かれるのでしたら、旅行会社にもよるとは思いますが、基本的には出発前に事前に申し込みもできますよ。ツアーだと当日はバタバタと忙しいので、必ず事前に準備しましょう。



お遍路に必要な服装

 

遍路正装の白衣

 

まずは皆さんのイメージの強い白衣(びゃくえ)・白装束(しろしょうぞく)ですが、それらの背中には「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」という御宝号が書かれていて、これが遍路の正装になります。道中衣とも言われていて、2,000円~です。白衣は、最低限必要なアイテムです。

袖ありと袖なしで、値段が変わりますよ。個人的なアドバイスですが、冬以外でしたら、袖なしが良いと思います。その白衣の下には必ず服を着るので、さらにその上に袖ありを着ると、体温調節が難しくなりますので、参考までに。

ズボンも同じくらいの値段です。この白衣には納経用もあって、2,500円~です。納経用には白黒だけではなくて、カラーもありましたよ。

 

弘法大師の化身の金剛杖と輪袈裟

(こんごうづえ・わげさ)

金剛杖は、遍路を導く弘法大師の化身ですので、最低限揃えてもらいたいアイテムのひとつで、600円からです。輪袈裟は正装具なので、お手洗いの時は必ずはずしましょうね。630円から購入できます。

 

本堂に納める納札

(おさめふだ)

納札は本堂とお大師堂に納めたり、お接待(おせったい)のお礼にも使われてました。巡拝の回数によって色が変わっていくんですが、金や錦(にしき)の札はお守りになります。ツアーでご一緒した先達さんがこの錦を取られて、錦の納札をいただきました。お守りにしてます。

 

日除けの菅笠

(すげがさ)

菅笠は、日除けや雨除けになります。これには専用のビニールがあって、雨の時に取り付けることが出来てとても便利でした。1,260円からです。

 

経本・数珠・線香・ろうそく

(きょうほん・じゅず・せんこう)

経本には、般若心経(はんにゃしんきょう)とか十三仏真言などが書れています。300円からです。線数珠)は魔よけの意味もあって、1,000円からです。線香・ローソクは各札所で読経の前に、本堂とお大師堂にそれぞれ供えます

 

携帯に便利な頭陀袋

(ずたぶくろ)

頭陀袋は今ご紹介した経本・納経長・ローソク・線香などを入れる袋のことで、現地ではさんや袋とよく呼ばれていましたね。1,000円から購入できます。

 

お遍路の正装と簡略スタイル

 

正装でしたら白衣・輪袈裟・手甲・脚絆・地下足袋を身に着けて、菅笠をかぶって頭陀袋・札挟みを堤げて、鈴・数珠・金剛杖を持つわけになるんですが、最近では簡略スタイルの方を多く見かけます。

この簡略スタイルは最低限としては、白衣・金剛杖・輪袈裟・数珠は揃えた方が良いです。そしでここからが簡略スタイルになんですが、ズボンは動きやすくて白っぽいものが望ましいですね。頭陀袋の代わりに、ウエストポーチかリュックを用意しても便利です。

靴は軽くて、歩きやすいスニーカーが1番でした。後は日除けの帽子と、レインコートは絶対に必要です。傘はあってもいいんですが、風が強かったり、またお経を読んでいる時は、両手は開けたいので、特にポンチョがおすすめです。

 

巡拝の準備と注意事項

 

金剛杖には目印を付けましょう

お杖は他人のものと取り違えることが、しばしば発生しました。例えばカラーの太いゴムとか、携帯のストラップとかキーホルダーなどもも分かりやすかったですね。もしストラップなどを忘れてしまっても大丈夫です。そんな時は、だれでも持っているハンカチを巻けば充分ですよ。

 

納札は事前に必要事項を記入しておきましょう

(おさめふだ)

この納札には、住所・氏名・年齢・日付・願い事など書きます。当日の移動中は忙しくて忙しくて、記入するどころではなかったので、遅くとも前日までには記入をすませましょうね。

この納札は1カ寺につき2枚いるので、全部で八十八ヶ所分の計176枚が必要になるのですが、ツアーでは強者もいて、ツアーの出発前にはすべて書き終えている方もいらっしゃるほどです。

 

小銭を事前にある程度用意しましょう

お賽銭用の小銭を、八十八ヶ所分を全部持ってくる必要は全くないです。すっごく重くなりますし、途中のお寺で購入も出来ますからね。また納経料も、同じく準備しましょう。



おわりに

お遍路に必要な服装と用品のイメージはわきましたでしょうか?全部を揃える必要はありませんので、最低限必要なものを初めに準備して、あとは同中で必要に応じて揃えていくことも出来ますから!ぜひ速乾性の動きやすい服装で、巡拝してくださいね。

合わせて
四国八十八ヶ所お遍路の歴史と基礎知識や遍路用語
四国八十八ヶ所霊場お遍路の巡拝のやり方とお経の作法
八十八ヶ所霊場遍路の一番札所霊山寺と二番札所極楽寺へ
歩き遍路の難所!遍路ころがし前の柳水庵で大師伝説湧き水をいただく
四国八十八ヶ所遍路の道中に阿波おどり会館や眉山を訪れる
も、参考にして下さいね。




プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10