添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

ウスペンスキー大聖堂やポクロフスキー聖堂を巡るロシア正教教会

time 2018/04/30

ウスペンスキー大聖堂やポクロフスキー聖堂を巡るロシア正教教会

「ロシア正教こそはロシアの文化」、ロシアの人たちこのようには言います。このロシア正教は、1000年以上もの歴史を持っています。

その間困難な時代も経験してきましたが、今再びロシアの人々の心をしっかりと掴んでいます。そんなロシア正教に触れてみるには、教会を尋ねるのが1番です。世界遺産に登録されている教会を、建設年代が古いものからご紹介します!(russia orthodox)



ソフィア大聖堂

ノヴゴロドにある世界遺産のソフィア大聖堂は、1045~1050年に建設されました。この大聖堂は、現存するロシアの最古の建築になります。聖書物語が刻まれた「聖堂のドア」と、イコン「オラントの聖母」にも是非注目をしてみてくださいね。



ウスペンスキー大聖堂(ウラジーミル)

(Ycnehckuu Cooop)

 

ウラジーミルにある、世界遺産のウスペンスキー大聖堂は、1158~1160年に、5つの黄金のドームを頂く大聖堂が建設されました。

15世紀の画家アンドレイ・ルブリョフらの描いた、フレスコ画「最後の晩餐」を、今でも見ることができます。有名なイコンの「ウラジーミルの聖母」も、かつてはここに安置されていました。

 

スパサ・プレオブラジェーニヤ教会

 

ノヴゴロドのイリイナー通りにある、世界遺産スパサ・プレオブラジェーニヤ教会は、1374年に建設されました。この教会はロシアの教会特有の、美しいフォルムをもつ教会になります。

フェオファン・グレクのフレスコ画も残されています。白亜の外壁が美しいことでも知られています。

 

ウスペンスキー大聖堂(モスクワ)

 

モスクワにある世界遺産のウスペンスキー大聖堂は、1475~1479年に建設されました。設計はイタリア人の建築家の手によるものです。

この大聖堂は、モスクワのクレムリンの中心的な教会です。円柱と壁面をすき間なく覆うフレスコ画や、天井画は見応えがあります。

 

スモレンスキー大聖堂

モスクワにある世界遺産スモレンスキー大聖堂は、1524~1525年に建設されました。ノヴォデヴィチ修道院内に、位置しています。その大聖堂の外観はシンプルではありますが、内装や特に豪華絢爛な巨大なイコノㇲタス(聖障)は、息を呑むほどの迫力です。

 

ポクロフスキー聖堂

モスクワにある世界遺産ポクロフスキー聖堂は、1555~1560年に建設されました。赤の広場に建つ、ロシアで最も有名な教会のひとつになります。この大聖堂はどこから撮っても、フォトジェニックな写真が撮れます。

 

ウスペンスキー大聖堂(セルギエフ・ポサード)

セルギエフ・ポサードにある、世界遺産のウスペンスキー大聖堂は、1559~1585年に建設されました。トロイツェ・セルギエフ大修道院の中の、主聖堂に当たります。星が絵が描かれた青いドームが美しいのが特徴です。

 

 

ペトロパヴロフスク聖堂

サンクトペテルブルクにある、世界遺産ペトロパヴロフスク聖堂は、1712~1733年に建設されました。ピョートル大帝以後のロシア皇帝が葬られていて、皇帝一族の霊廟となった教会です。122mの塔の先端に、天使が建っているのが特徴です。

 

プレオブラジェーンスカヤ教会

キジ島にある世界遺産プレオブラジェーンスカヤ教会は、1714年に建設されました。300年近い歳月に耐えて、建ち続ける完全な木造の教会になります。ロシアの木造建築の大傑作とも言えます。その高さは37mあって、22のドームを持っています。

 

イサク聖堂

 

サンクトペテルブルクにある世界遺産イサク聖堂は、1819年に建設されました。この聖堂は30階建てのビルに相当するおおきさのため、世界でも最大級の大きさを誇っています。

内部は鮮やかな色大理石などで飾られていて、また外部も細部に及ぶ装飾が美しい聖堂です。天井画「王座の聖母マリア」や、内部を飾るモザイク画も見応えがあります。

 

血の上の救世主教会

サンクトペテルブルクにある、世界遺産である血の上の救世主教会は、1883~1907年に建設されました。皇帝アレクサンドル2世が暗殺された場所に建てられたために、このような名前が付けられています。

 

救世主キリスト聖堂

モスクワにある世界遺産救世主キリスト聖堂は、1994~2000年に建設されました。スターリンによって破壊されましたが、ロシアになってから再建されました。白壁や黄金のドームが青空に映える、こちらも大変美しい聖堂になります。



 

おわりに

またそれぞれの教会には、代表的なイコンも飾られていますので、合わせて見学を楽しんでくださいね。

合わせてサハリンの観光スポットに興味のある方は、こちらの⤵⤵
サハリン州郷土史博物館は貝塚義雄建築家による樺太庁博物館であった
ロシアのユジノサハリンスクと北方領土返還を求める樺太
ウスペンスキー大聖堂やポクロフスキー聖堂を巡るロシア正教教会

サンプリンセスクルーズで行くロシア旅行に興味のある方は、こちらの⤵⤵
サンプリンセスクルーズに必要な持ち物ビザやドレスコード
も、参考にして下さいね。




プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10