添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

高速船で巡る沖縄八重山諸島石垣島と8つの離島めぐり

time 2017/08/09

高速船で巡る沖縄八重山諸島石垣島と8つの離島めぐり

沖縄県の八重山諸島は石垣島を拠点に、竹富島・黒島・小浜島・鳩間島・西表島・波照間島、そして与那国島へと高速船で行くことができます。基本的には予約は必要ありませんが、波照間島と与那国島の外洋航路は、天候によっては欠航する可能性もあります。また往復券を購入すると割引があったりするので、事前に情報を入手してから、八重山諸島へ飛び立ちましょう。

私は10日間のお休みを頂いて、初の八重山諸島へ行ってきました!実際にメインの島8島を、飛行機や高速船を利用して島めぐりを楽しんできました。その旅行の旅日記をご紹介していきます!(8 islands of yaeyamashoto, okinawa)



八重山諸島の島々

沖縄の八重山諸島には、個性的な島々があります。メインとなる島は8島あって、メインの石垣島(いしがきじま)をはじめ、竹富島(たけとみじま)・黒島(くろしま)・小浜島(こはまじま)・鳩間島(はとまじま)・西表島(いりおもてじま)・波照間島(はてるまじま)、そして与那国島(よなぐにじま)になります。そに他にも、幻の島(浜島)・パナリ島(新城島)・バラス島があります。

 

八重山諸島巡りのポイント

メインの石垣島からは基本的には高速船を利用して、八重山諸島の島々に上陸することが出来ます。その高速船の、発着時間・便数・乗り継ぎのタイミングなどをしっかり考えて、効率的な島めぐりプランを立てて行きましょう。



各離島に興味のある方は、こちらも参考にしてみてくださいね!

石垣島⤵
沖縄のサンゴ礁の石垣島で川平湾や玉取崎展望台を訪れる

石垣島ダイビング⤵
沖縄石垣島でダイビング体験!初心者でもマンタやウミガメに出会えるかも!

波照間島⤵
日本最南端の沖縄波照間島で星空観測とニシ浜で波照間ブルーに出会う

武富島⤵
沖縄竹富島で水牛車に乗ったり星砂の浜やコンドイビーチへ行ってみた

西表島⤵
沖縄西表島で水牛車で由布島やマングローブを見に行った

小浜島&鳩間島⤵
沖縄小浜島と鳩間島でシュノーケリングやダイビングを楽しむ

黒島⤵
沖縄のハートアイランドの黒島研究所でウミガメに出会う

 

石垣港離島ターミナルが発着の拠点

各離島を結ぶ船はほとんどが、石垣港離島ターミナルを発着していました。逆を言うと各離島間を連絡している定期航路は、本当にわずかしかありませんでした。なので私は離島から離島へ移動するときは、必ず一度石垣島へ戻ってから、乗り継いで行っていましたよ。

 

基本的には予約はいらない

基本的には高速船の予約は、必要ありませんでした。当日に石垣港離島ターミナルの各船会社のカウンターで、乗船券を購入すれば大丈夫でした。けれども離島間を移動する時や波照間島へ行く時には、予約をおすすめします。

 

「安栄観光」と「八重山観光フェリー」は相互利用が可能

波照間島航路以外は、「安栄観光」と「八重山観光フェリー」は相互利用が可能でした。ちなみに石垣島ドリーム観光は、相互利用は出来ません。

 

天候によって船は欠航する

 

海の状況によっては、船が欠航します。特に波照間島航路西表島上原航路鳩間島航路は、とても欠航しやすいです。実際に私も欠航となり、島に取り残されたことがありました。

天候が怪しい時は必ず、当日の運行状況はを各船会社のホームページで確認してから宿泊先を出発しましょうね。島巡りのプランを組む時にも、天候はしっかりチェックしましょうね。

 

島巡りのお得なチケット

 

往復券を購入する

往復券を購入すると、帰りの乗船券が10%オフになりますよ。基本的に離島巡りは石垣島を経由するので、自ずと往復で利用しますけど、一応ご案内しておきます。

 

アイランドホッピングパスを利用する

安栄観光が出している、乗り放題の乗船券です。ということは相互利用が出来る八重山観光フェリーの便にも、利用出来るというわけです。購入した日数の間は、いわゆる乗り放題ということです。波照間島航路を含む、パスもありました。

3日券 5,800円(波照間島航路含む 10,000円)
4日券 6,800円(波照間島航路含む 11,000円)
5日券 7,800円(波照間島航路含む 12,000円)

私はフリーの日がちょうど5日間あったので、5日券を購入しました。けれども天候が気になったので、波照間島は当日別途で購入しました。というのもこのパスは払い戻しが効かないので、別途にしてみました。

結局、波照間に行けましたけどね・・・これも結果論です。またこのパスを、くれぐれも無くさないように。再発行は出来ませんので、くれぐれも・・・

 

かりゆし周遊券を利用する

八重山観光フェリーが発券していて、離島間航路にも利用できました。もちろん、安栄観光にも利用出来ます。

3日券 5,800円 / 4日券 6,800円

 

ドリームパスを利用する

石垣島ドリーム観光が発券していて、離島航路にも利用出来ます。このパスには各島の観光施設やショップなどで、割引やプレゼントがもらえるサービスがついていますよ。また料金が他の船会社に比べて、割安にもなっていました。

2日券 3,500円 / 3日券 4,000円 / 4日券 4,500円



沖縄写真集

 

沖縄本島

宮古島

 

おわりに

個人的にはもし時間があれば各島に1泊ずつしたかったのですが、今回はまずはその下見?ということで、石垣島に連泊しながら、日帰りで島巡りを楽しんできました。やっぱり1島に、1日は観光の時間が欲しいところですね。皆さんの沖縄旅行の参考になれば、とっても嬉しいです!

合わせて
沖縄石垣島のある八重山諸島の観光スポットやアクティビティ
石垣島離島ターミナルから高速船で八重山諸島の離島へ
高速船で巡る沖縄八重山諸島石垣島と8つの離島めぐり
も、参考にして下さいね。




プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10