添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

パリ半日観光でシャイヨー宮からエッフェル塔を眺める

time 2017/07/18

パリ半日観光でシャイヨー宮からエッフェル塔を眺める

パリのランドマーク的存在のエッフェル塔の歴史や展望台、またそのエッフェル塔を眺める展望スポットとしては、セーヌ川対岸のトロカデロ公園や、シャイヨー宮とシャン・ド・マルス公園がおすすめです。 エッフェル塔界隈のアンヴァリッドの一角には、軍事博物館もあります。また最大規模を誇るクンニャンクールパリをはじめとする、パリの「のみの市」も外せませんよ!(half day sightseeing in Paris ,France)



パリのエッフェル塔

(Tour Eiffel in Paris)

 

エッフェル塔の歴史

 

パリにある歴史的モニュメントは、19世紀後半から20世紀前半にかけて、万国博を契機に造られたものが多くなります。エッフェル塔をはじめ、シャイヨー宮アレクサンドル3世橋など、万博の遺産ともいえるモニュメントが集中しているのが、パッシーと呼ばれるエリアになります。ここには高級住宅地も多くあります。

エッフェル塔は、建築当時にこそ賛否両論と意見が分かれましたが、今ではフランス国民だけでなく、世界中から愛されるパリの顔となりました。このエッフェル塔内には3つの展望台が設置されていて、階段かもしくはエレベーターで展望台までアクセスすることが出来ます。

1階にある展望台は地上57mに位置しており、2階は115m、ソメ(Sommet)と言われる3階は276mの高さになります。1.2階にはレストランやショップが入っていて、3階にはシャンパンバーも入っているので、パリの町を眺めながら食事やシャンパンを楽しむことも出来ますよ。

 

エッフェル塔を眺める絶好のポイント

 

今度はそのエッフェル塔をキレイに眺められる、ベストポイントをご紹介します。まずはセーヌ川の対岸に位置しているトロカデロ公園(JardinduTrocadero)と、そしてシャイヨー宮のテラスからの眺めをおすすめします。

続いて今度は反対側になりますが、エッフェル塔から旧陸軍士官学校へ続く広大な庭園の、シャン・ド・マルス公園(Parc du Champ de Mars)からの眺めをおすすめします。広大な緑あふれる公園の奥に、エッフェル塔とトロカデロ公園を一緒に眺めることが出来ますよ!



凱旋門やシャンゼリゼ通り、観光案内所について知りたい方は、こちらの⤵⤵
当時世界最大の門パリ凱旋門やシャンゼリゼ大通り観光スポット
フランスパリの観光案内所や日本人カフェうらばすを訪れよう
も参考にしてみてくださいね!

 

エッフェル塔界隈にあるアンヴァリッド

 

アンヴァリッド(Hotel des Invalides)とは、ルイ14世が傷病兵を収容するために立てたものになりますが、現在ではナポレオンの墓があることでも知られています。黄金色のドーム協会(Eglise du Dome)の正面より入って、吹き抜けの下の際室にナポレオンの棺が安置されています。その際室に入る入口には、ナポレオンの遺言が刻まれています。

その遺言は、「余は、余がかくも愛したフランスの市民に囲まれて、セーヌ川のほとりに憩うことを願う」と刻まれています。アンヴァリッドの1角には軍事博物館(Musee de l’Armee)があり、フランスのみならず世界の武具や子供用お鎧など、数多く展示されています。

 

パリ万博で建設されたジャイヨー宮

 

ジャイヨー宮(Palais de Chaillot)とは、1937年に開催されたパリ万博の際に建設されたモニュメントになります。両翼でテラスを包むかのように広げたような形が、特徴のモニュメントです。そのテラスからは、シャン・ド・マルス公園とエッフェル塔の素晴らしい景色が広がります。

トロカデロ広場より、右手には海洋博物館や人類博物館が、左手には建築・文化財博物館やシャイヨー劇場が位置しています。そしてトロカデロ庭園の一角には、水族館と映画館が複合したシネアクア(CineAqua)もあります。

パリのみの市

パリは観光はもちろんのこと、週末のみ開催されている、のみの市に出かけることもおすすめします。のみの市は大きく分けて、3ヶ所で開催されています。最大規模を誇るクンニャンクールで、小規模ではありますがセンスの高い雑貨店が多いヴァンブに、そして最後に、古い衣料品や日用雑貨の品揃えが豊富なモントルイユに分かれます。

 

クンニャンクール

(Les Puces de Clignancourt)

クンニャンクールは、パリのみの市の代名詞的な存在にもなります。最大規模を誇ってはおりますが、区画整備が整い名前もつけられているため、非常に歩きやすいのが特徴になります。土・日・月曜日の7:00~19:30にオープンしております。

 

ヴァンブ

(Les Puces de Vanves)

ヴァンブは露天商が歩道の両側に並んでいて、いわゆる青空市になります。2時間もあれば回れる規模ですので、ぶらっと立ち寄るのにおススメの規模です。土・日曜日の7:00~13:00にオープンしております。

 

モントルイユ

(Les Puces De Montreuil)

モントルイユは衣料品や日用品が、山のように積み上げられた様子を楽しむことが出来る露天市です。この3つのエリアのなかでは1番治安がよくないため、貴重品には十分にお気を付けください。土・日・月曜日の7:00~19:30にオープンしております。



チーズとワインがお好きな方はこちらの⤵⤵
エメンタールやミモレットのチーズとフランスパンがおつまみ

も参考にしてみてくださいね!

 

おわりに

是非貴重品には充分に気をつけて、観光やのみの市を楽しんで下さいね。観光地をめぐるのはもちろんのこと、のみの市などに足を運んで、パリ市民の実際の生活に触れてみるのもおすすめします。歩いているだけでも楽しいですし、リーズナブルにお土産も揃いますよ!

合わせてこちらも参考にしてくださいね!⤵⤵
フランスの人気スポーツランキングとフランス発祥のペタンク

こちらの「TGV&ロードトリップの旅」も参考にしてくださいね!⤵⤵
アルプスからフランス縦断しイギリスへロードトリップ
ディエップからSNCFフランス国鉄高速列車TGVでパリへ
SNCFフランス国鉄のTGV高速列車の路線と料金

コメント