添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

エメンタールやミモレットのチーズとフランスパンがおつまみ

time 2017/07/03

エメンタールやミモレットのチーズとフランスパンがおつまみ

チーズ大国パリの朝は、チーズ屋さんから始まると言ってもいいほど、チーズ屋さんの朝は早かったです。フランスはチーズの種類が世界第1位で、チーズの生産量は世界第2位を誇っています。おすすめのチーズはカマンベール、モン・ドール、エメンタール、コンテ、ブリ、ミモレット、マンステルなどが人気が高いです!



おつまみはフランスパンとチーズ

 

私は2017年にキャンピングカーでフランスを縦断して、イギリスまでロードトリップを楽しんできました。そのロードトリップの道中で、たくさんのフランス人の友人や家族と出会いました。そして彼らと食事を共にしていくと思ったのが、ちょっと小腹が空いた時や有り合わせの物がない時には、皆さん揃っておつまみはチーズ、そこでお腹が空いていればフランスパンを切ったり、ワイルドにちぎったりして食べていました。

また朝イチの7時くらいに友人と町をお散歩して、朝食用の焼きたてのフランスパンとチーズを購入し、帰宅してからいただきました。パン屋さんは日本の魚屋さんのように朝が早いことにビックリしました。ちなみに同じお店ではもう、朝イチからスイーツも販売していました。私はさすがに遠慮しましたが、フランス人は甘いものが大好きのようですね。



チーズ大国のフランス

 

チーズ生産量世界第2位

 

当たり前ですが、チーズはどこでも売られています。スーパーでも小さなお店でも、基本量り売りになります。種類も牛・羊・ヤギなどたくさんあります。

フランスは温暖な気候のため、チーズの生産の適した土地になります。チーズの生産量は世界で第2位になります。すでにローマ時代以前に、チーズは食されていたそうです。

 

チーズの種類世界第1位

 

世界中にあるチーズのうち400種類がフランス原産のチーズになるんだとか。フランス人は年間で約26kg のチーズを消費すると、現地の雑誌で見かけました。これは日本人の約14倍の消費になるんですって!世界的に見てもその消費量は世界で2番目で、チーズの種類はもちろん世界一になります。

第二次世界大戦中に、フランスの全土がドイツ軍に占領された時に、イギリスの首相ウィンストン・チャーチルが「400種類ものチーズを創造した民族が滅亡することはあるまい」と言ったそうです。確かに、1つの村には1つのチーズがあるほどの、フランスならではのエピソードですね。

 

おすすめのフランスチーズ

 

カマンベール

フランスが原産のチーズの代表格とも言えるのが、だれでも知っているカマンベールです。フランス北部のカマンベール村から誕生しました。数あるチーズの種類の中で、白カビチーズを代表するチーズです。このチーズは私のフランス人の友人も大好きでして、ちょっと小腹がすいてきたときに、フランスパンに乗せて召し上がってるほど、フランスでも馴染みのあるチーズになります。

 

モン・ドール

フランスとスイスの国境山脈に伝わるモン・ドールは、ウォッシュチーズになります。暑さに弱い痛みやすいチーズなので、なんと販売されるのは秋から冬にかけての期間限定チーズにもなります。

 

エメンタールとコンテ

同じくスイスとの国境沿いで作られている、エメンタールやコンテが私は好きです。このエメンタールは丸い穴があいているタイプです。よくトムとジェリーに出てくる、穴あきのチーズといったら分かりやすいでしょうか?このチーズは私の大好物の、チーズフォンデュに使うチーズなんです。

 

ブリ

1000年も前に誕生したブリー地方原産のブリは、白カビチーズの1つになります。実はこのブリーは先程ご紹介した、カマンベールの元になったチーズと言われています。確かに見た目は、とても近い物があります。このブリーはあまりクセがないので、初心者でも食べやすかったです。

 

ミモレット

続いてご紹介するフランス北部のリール原産のミモレットは、ハードチーズの1つになります。17世紀フランスでは外国製品の輸入が禁止されていたので、オランダ産のエダムチーズから、フランスのオリジナルにチーズに作られたチーズになります。

 

マンステル

最後にフランス東部マンステル原産のマンステルは、ウォッシュチーズの1つになります。これは、ドイツでも良く知られているチーズですね。オレンジ色の表皮が特徴になります。



おわりに

またフランスに行く機会があったら、もっと色々と食べ比べてみたいなと思っています。個人的にはエメンタールがおすすめです。私の滞在がローヌ・アルプスでスイスにも近いこともあって、チーズフォンデュをいただ機会が多かったのも、エメンタールが好きになった理由のひとつです。

合わせて「フランス特集」も参考にしてくださいね!!⤵⤵
生産量世界第二位北フランスのシャンパーニュやブルゴーニュ
プロヴァンスやローヌ・アルプ地方の南フランス郷土料理
ブルゴーニュやブルターニュ地方の北フランス名物料理
DFDS Seaways船でディエップからニューヘブンへ
フランス語であいさつや自己紹介がしたい!旅行会話初心者編

こちらも参考にしてくださいね!⤵⤵
SNCFフランス国鉄のTGV高速列車の路線と料金
ディエップからSNCFフランス国鉄高速列車TGVでパリへ
アルプスからフランス縦断しイギリスへロードトリップ

コメント

  • Wow! This can be one particular of the most useful blogs We have ever arrive across on this subject. Basically Fantastic. I am also an expert in this topic so I can understand your effort.

    0

    by Barsala €2019年6月20日 12:29 AM

down

コメントする







プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10