添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

シンガポールのリトルインディアのセラングーンロードと寺院

time 2017/08/06

シンガポールのリトルインディアのセラングーンロードと寺院

国土が東京23区と同じ広さのため、国内は全て日帰りで観光ができてしまうシンガポール!その中でも今回は、民族色の濃いリトルインディアの街をご紹介します!

セラングーンロード沿いにある、ヒンドゥー教寺院の「スリ・スリニバサ・ぺルマル寺院」や、中国色が色濃く残る「龍山寺」、本堂に守護神カーリーが祀られている「スリ・バダパティラ・カリアマン寺院」に、コーランが鳴り響く規模の大きなモスクの「マスジット・アブドゥル・ガフール」などをご紹介します。(sightseeing spots  in Little India , Singapore)



 全て日帰りで観光ができるシンガポール

 

通称シンガポールは正式名はシンガポール共和国で、東南アジアの主権都市国家となり、日本と同じ島国にもなります。マレー半島の南端に位置していて、シンガポール島と60以上もある小さな島々から構成されています。

そんなシンガポールの国土は715,8㎢しかなくて、これは東京23区とほぼ同じ広さしかないんです。私の友人がこのシンガポールに在住していますが、国内旅行はすべて日帰りで観光出来ちゃうと言っていたほどです。

そんな小さな国シンガポールですが、見どころはたくさんありますので、今日はそのなかでも民族色の濃いリトルインディアの街をご紹介していきます。



シンガポールの基礎知識について知りたい方は、こちらも参考にしてみてくださいね!⤵⤵
シンガポールは中国系の民族が多くてスコールの降る気候だった

リトルインディアの観光スポット

 

スリ・スリニバサ・ぺルマル寺院

(Sri Srinivasa Perumal Temple)

メインストリートのセラングーン・ロード沿いにあるヒンドゥー教寺院で、1855年に南インドから来た移民によって建てられたものです。

ヴィシュヌ神を祀る寺院で、極彩色の9層から彩られたゴープラムや塀の上には、ヴィシュヌ神の10の化身や、蛇神ナーガの上にシヴァ神の彫刻もありました。寺院の中も、色鮮豊な神像・天井画でいっぱいでした。

MRT東北線ファーラー・パーク駅から徒歩約3分
5:45~12:00 年中無休 無料

 

龍山寺

(Leong San See)

 

セラングーン・ロードを北へ進むと、龍山寺へ辿り着きました。大きなトラの像がある「千燈寺院」の斜め向かいにあったので、そのトラを目印にすると分かりやすいでしょう。

中国色が色濃く残る龍山寺は1917年に開かれた道教の寺院で、奥の祭壇には観音像が祀られていました。そして屋根の上には繊細な龍の彫刻も施されていました。

MRT東北線ファーラー・パーク駅から徒歩約5分
7:30~17:30 年中無休 無料

 

スリ・バダパティラ・カリアマン寺院

(Sri Vadapathira Kaliamman Temple)

 

スリ・バダパティラ・カリアマン寺院は、1870年頃に建てられたヒンドゥー教寺院です。本堂には守護神カーリーが祀られていました。正直観光客はあまりいませんでしたが、代わりに、ヒンドゥー教信者の厳粛な祈りの光景を見ることが出来ました。こちらの寺院もゴープラムや内部の神々の彫刻が鮮やかで、大変見事でした。

MRT東北線ファーラー・パーク駅から徒歩約7分
7:30~21:30 年中無休 無料

 

マスジット・アブドゥル・ガフール

(Masjid Abdul Gafoor)

 

マスジット・アブドゥル・ガフールは、コーランが鳴り響く規模の大きなモスクです。ムーア式と南インド式が融合した建築様式で、繊細な装飾が素晴らしかったので、リトルインディアへ来た際には、是非立ち寄って欲しいスポットのひとつです。中に入るときには、必ず靴を脱いで上がりましょう。小さめのビニール袋を持って行くと、靴袋として使えるので、便利でしたよ。

MRT東北線リトルインディア駅から徒歩約8分
9:00~19:00 年中無休

 

 

メインストリートのセラングーン・ロードを歩く

 

セラングーン・ロード

 

ここには金を売る「金行」やサリー屋、インドで流行っている曲をガンガン流しているミュージックショップ、路上で店を開いている商売人など、様々なお店が軒を連ねていました。

セラングーン・ロードをしばらく歩いて行くと、右側に規模の大きなショッピングセンターが見えてきました。これらはセラングーン・プラザ(Serangoon Plaza)と、その脇道シード・アルウィ・ロード(Syed Alwi Rd.)に面したムスタファ・センター(Mustafa Centre)の2つのショッピングセンターになります。

 

ムスタファ・センター

 

このムスタファ・センターはブランドの化粧品からサリー、パソコンまで何でもありました。イメージとしては、ディスカウントのデパートとでも言えば分かりやすいでしょうか?

なんでも揃うということで、お土産を求めてやってきた観光客で賑わっていましたよ。私はちょうど週末に行ってみたのですが、現地の方も混じり大勢の人でごった返していました。

ムスタファ・センターに両替所があったのですが、レートはそれほどでした。これだったらチェンギ空港の方が、レートは良かったし、安心ですよ。

ムスタファ・センター
MRT東北線ファーラー・パーク駅から徒歩約3分
24時間営業年中無休

 

美味しい物を食べたい人は、こちらも参考にしてみてくださいね!⤵⤵
シンガポールのシーフード料理チリクラブとペッパークラブ




リトルインディアの、その他の観光スポットに興味のある方は⤵⤵
シンガポールにあるリトルインディアの観光スポットとアクセス
も参考にしてみてくださいね!

 

おわりに

このリトルインディアの街には、もっともっと見どころがありますし、美味しいインド料理もたくさんあります。そしてここシンガポールにはこのリトルインディアの街だけではなくて、チャイナタウンやアラブストリートなど、たくさんの民族の街が点在していました。

このリトルインディアの街は何も観光だけではなくて、お買い物から美味しいインド料理まで、幅広く楽しむことが出来ました。是非色鮮やかな、様々な寺院を巡ってみてはいかがでしょうか?

合わせて
宿泊者のみ利用可能なサンズスカイパークのプールと光と音のショー
OCBCスカイウェイからスーパーツリーグローブを眺めてみよう
セントーサ島で無料ショーや世界最大ビューイングパネルを体験
も、参考にして下さいね。




プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10