添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

シンガポールのシーフード料理チリクラブとペッパークラブ

time 2017/08/06

シンガポールのシーフード料理チリクラブとペッパークラブ

シンガポールのシーフード料理で1番人気があるのが、チリクラブとペッパークラブです。そして「ノーサインボード・シーフード」のお店だけのオリジナル料理、ホワイトペッパー・クラブもおすすめです。その他のシーフード料理に使われている、ロブスターなどのおすすめの魚介類も、今回ご紹介しています。

シンガポールのローカルフードと聞かれても、あまりにも多すぎて全部言えないくらい、たくさんの美味しい物がありますよね?チキンライスにラクサなどのB級グルメ、屋台料理が集まったホーカーズやコピティアム。移民の国シンガポールだからこそ生まれた、ローカルフードがいっぱいあるのです。その中のほんの一部ですが、おすすめのグルメをご紹介していきます。(seafoods in Singapore)



シンガポールのシーフード料理

(seafood in Singapore)

 

シンガポールのシーフード料理の基本は中国系なんですが、土地柄マレー料理プラナカン料理法も加わっていって、あっさり系からスパイシー系と調理方法も色々あります。そんなシンガポールのシーフードの代表作といえば、「チリ・クラブ」と「ペッパー・クラブ」ですよね?!

まずは注文の仕方なんですが、「生けす」の前まで行ってみましょう。この生けすには、世界各国から運ばれてきた魚介類が、種類も豊富に準備されています。チリ・クラブの他には、カニ・エビ・ロブスター・イカも人気でした。

食べたい魚を選ぶことも出来ます。そしてせっかくですので、「How do you recommed?(ハウ ドゥ ユー リコメンド?)」とおすすめの調理方法を尋ねてみるのも、良いかもしれませんね。



シンガポールで人気のシーフードメニュー

 

チリ・クラブ

(Chili Crab)

 

堂々の1位でしょう!チリ・クラブは1950年代にシンガポールで考案された料理なんです。ソースはお店によって異なっていましたが、基本はチリとハーブをブレンドした甘辛いチリソースで炒めてあります。

そして溶き卵でマイルドに仕上がっています。一緒に中国の甘めのパン(Bun)を頼むといいですね。パンでソースをすくって食べるのが、私はすきです。

 

ペッパー・クラブ

(Pepper Crab)

大量の黒コショウをつぶしてソースにいれてあります。そして一緒に蟹と炒めたものです。この黒コショウが香ばしくてピリリと辛い大人の味は、本当にやみつきになりますよね?私は結局滞在中に、2回も食べました。辛いもの好きには、たまらないはず?!

 

ホワイトペッパー・クラブ

(White Pepper Crab)

この料理は「ノーサインボード・シーフード」のお店のオリジナルになっていて、白コショウとニンニク、ネギと一緒に蟹を炒めたものです。調理方法はいたってシンプルなんですが、そのため蟹の風味が引き立っている1品になっていますよ。

 

シンガポールの代表的な魚介類

 

海老のブラック・タイガー・プロウン

(Black Tiger Prawn)

生きたエビは、この種類のみに限定されます。個人的には、ニンニクと一緒に蒸すのがおすすめです。なかには老酒で酔っ払わせてから蒸し上げる、ドランクン・プロウンもあってなかなかおつな食べ方ですね。地元の人にはバターの風味を効かせて、カラッと揚げてから炒めるバター・プロウンが人気でした。

 

貝類のクラム

(Clam)

ジョーダックというミル貝の一種が主流のようで、食べ方はシンプルに刺身やしゃぶしゃぶがおすすめです。身が大きければニンニク炒め、小さければサンバル炒め(fly with sambal)がおすすめだと、ガイドさんが教えてくれました。

 

蟹のクラブ

(Crab)

 

蟹の代表選手と聞くと、マッドクラブではないでしょうか?レストランでは身が良くしまったスリランカクラブが主流になります。シーフードの代表選手のチリ・クラブやペッパー・クラブ以外にも、ちょっと甘辛い味付けで食べるバター・クラブも人気がありました。

蟹の種類は他にもたくさんあって、日本でいうタラバガニのアラスカ・キングクラブや、ダンジネス・クラブにオーストラリア産のものまでと、たくさん生けすに入っていましたよ。

 

スンホック

(Marble Goby)

淡水と海水が交わる辺りに生息する魚のことで、オコゼに似た繊細な白身がとっても美味しかったです。ディープフライにするのがもっともポピュラーな食べ方で、これはカリカリに揚げた魚に薄口醤油のソースをかけていただきました。他には高級魚のガルーパも人気で、広東風に蒸して食べられていました。

 

ロブスター

(Lobster)

近海物の他にはオーストラリア産が多くて、こっちの方が値段が高かったです。刺身やニンニク炒めも美味しいんですが、そのレストランが可能でしたら、金糸揚げが1番美味しいです。地元では茹でてフルーツとマヨネーズで和えた、ロブスターサラダ(Lobster Salad)が人気でした。



おわりに

シンガポールには、もっとたくさんの美味しいものがあります。インド料理やアラブ料理など、たくさんの民族の影響で料理も多様です。なんだかこれからシンガポールへ飛び立って、早くペッパー・クラブを食べたい!そんな気分になってしまいました。色々な文化の影響を受けて出来上がったシンガポールのローカルフードを、是非現地で味わってみてくださいね。

合わせて
シンガポールにあるリトルインディアの観光スポットとアクセス
シンガポールのリトルインディアのセラングーンロードと寺院
シンガポールは中国系の民族が多くてスコールの降る気候だった
も、参考にして下さいね。




プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10