添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

太鼓谷稲成神社や津和野城跡!日本遺産の城下町殿町通りを散策

time 2018/03/29

太鼓谷稲成神社や津和野城跡!日本遺産の城下町殿町通りを散策

アートと歴史を体感できる津和野は、「山陰の小京都」と呼ばれる、島根県西部に位置する城下町になります。その懐かしい町並みには、当時の姿を残す武家屋敷や、殿町通りの情緒ある建築などの見どころも多くあります。

今回は、そんな城下町津和野の見どころをご紹介します!キリスト教にまつわる歴史も残り、美しい教会やステンドグラスが城下町に共存しているのも、ぜひ一緒に注目してみてくださいね!(sightseeeing spots in Tuwano , Shimane)



津和野町立 安野光雅美術館

(つわのちょうりつ

あんのみつまさびじゅつかん)

 

空想と想像が広がる美術館・安野光雅美術館は、津和野出身の画家・安野光雅氏の作品を収蔵・展示している美術館です。国際アンデルセン賞をはじめ、多くの賞を受賞された安野氏の作品は、淡くやさしいタッチの作風が特徴的です。

またアート鑑賞を満喫されたら、その後はショップでグッツ選びをぜひ楽しんでみてください。なかには昭和初期の木造の教室を再現した、「昔の教室」も見学することができます。

連絡先 :0856-72-4155
住所  :島根県津和野町後田イ60-1
アクセス:JR津和野駅からすぐ
営業時間:9:00~17:00
(入館~16:45)
定休日 :3・6・9・12月の第2木曜日
入館料金:800円
駐車場 :10台



殿町通り

(とのまちどおり)

 

殿町通りとは津和野観光のメインとなる通りで、城下町の面影を残す堀割に、カラフルな鯉が泳ぐ姿も見どころのひとつになります。石畳と、なまこ壁が続く城下町の風情ある殿町通りには、イチョウの木が立ち並びカメラ片手に歩く観光客で賑わっています。

鯉のエサは1袋100円で、周辺の店舗などで販売されています。江戸時代の面影を残す町並みが続く中で、散策を楽しんでみませんか?

連絡先 :0856-72-1771
(津和野観光協会)
住所  :島根県津和野町後田
アクセス:JR津和野駅から徒歩10分
営業時間:散策自由
駐車場 :無し

 

津和野カトリック教会

 

城下町の中心に立つ、美しいゴシック建築の津和野カトリック教会は、乙女峠のキリシタンを慰霊するために、昭和6年(1931年)にドイツ人神父において建てられた、西洋ゴシック建築の教会になります。

礼拝堂内には全国的にも珍しい畳敷きになっていて、また鮮やかなステンドグラスが、大変美しいのが特徴の教会になります。この津和野カトリック教会は、武家屋敷が立ち並ぶ殿町通り沿いに位置していて、歴史を紹介する展示室も隣接しています。

キリシタンの聖地として知られているわけですが、これはキリスト教信仰が禁止されていた明治元年(1868年)に、長崎から送られてきた隠れキリシタンの37人が、改宗の強制に応じることがなかったことから、聖地として信仰されるようになりました。現在は峠に、乙女峠マリア堂が立っています。

連絡先 :0856-72-1771
(津和野町観光協会)
住所  :島根県津和野町後田口66-7
アクセス:JR津和野駅から徒歩8分
営業時間:8:00~17:00
(入館~16:45)
定休日 :無休
入館料金:無料
駐車場 :無し

 

太鼓谷稲成神社

(たいこだにいなりじんじゃ)

 

高台に立つ社殿から、町並みを見晴らすことのできる太鼓谷稲成神社は、津和野の町を見守るようにして立つ古社で、商売繁盛や五穀豊穣、また願望成就などに霊験あらたかとされています。

また日本五大稲荷のひとつに数えられており、青空とその背後の山に映える、鮮やかな朱塗りの社殿が大変印象的な神社になります。その社殿からは、山間の城下町の風景を一望できたり、また授与所には狐の形の稲成土鈴があり、1個800円で購入できます。

連絡先 :0856-72-0219
住所  :島根県津和野町後田409
アクセス
JR津和野駅から車で5分、または徒歩で30分
営業時間:境内自由
駐車場 :100台

 

津和野城跡と観光リフト

 

観光リフトを利用して山頂駅から徒歩15分ほど歩くと、津和野城跡へ当直します。そして津和野城跡から、赤瓦の町並みを眼下に一望することができます。

連絡先  :0856-72-0376
(観光リフト)
住所   :島根県津和野町後田
アクセス :
JR津和野駅から
石見交通バス津和野温泉行きバスで
リフト乗り場まで5分
営業時間 :9:00~16:30
( 城跡・出丸は2020年3月31日まで
見学可能)
定休日  :12~2月の平日
(年始年末営業)
リフト料金:往復450円
駐車場  :40台



津和野の写真集

 

おわりに

その他にも、津和野日本遺産センターで情報を入手するのも良いいでしょう。この津和野日本遺産センターでは、津和野が日本遺産に認定されるきっかけになった百景図をもとに、歴史などを楽しく紹介する施設がオープンしております。

合わせて津和野のおすすめ観光スポットに興味のある方は、こちらの⤵⤵
津和野伝統的建物群保存地区!殿町通り水路の鯉とカトリック教会の歴史
太鼓谷稲成神社や津和野城跡!日本遺産の城下町殿町通りを散策
津和野の源氏巻や芋煮を味わう!日原天文台で本州一番の星空観賞も!

SL「やまぐち」号で行く津和野の旅に興味のある方は、こちらの⤵⤵
全席指定席SLやまぐち号の長門峡撮影スポットと人気の観光地
運転シュミレーター体験も!SLやまぐち号で津和野を訪れよう

その他の観光スポットに興味のある方は、こちらの⤵⤵
縁結びの聖地出雲大社や松江城!たたら侍舞台の山陰周遊観光
も、参考にしてみて下さいね!




プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10