添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

DFDS Seaways船でディエップからニューヘブンへ

time 2017/07/10

DFDS Seaways船でディエップからニューヘブンへ

フランスのディエップからイングランドのニューヘヴンまで、ディーエフディ―シ―シ―ウェイズ(DFDS Seaways)を利用して入国しました。所要時間は約4時間で、フランスとイングランドの間には1時間の時差があります。船内の施設としては夜通しオープンのバーとレストラン、リクライニング席と映画鑑賞が出来るスペースがありました。(France to England by ferry)



フランスのディエップから船に乗船

(Dieppe to Newheaven)

 

今日はいよいよ航路にて、フランスからイングランドを目指します!私たちが今回利用したのはフランスのディエップ(Dieppe)から、ングランドのニューヘヴン(Newheaven)までの航路です。この航路を運行しているのは1社のみでして、ディーエフディ―スィ― スィ―ウェイズ(DFDS Seaways)と言うカンパニーになります。

この航路は現在、週に21便運航されていまして、所要時間は約4時間になります。ちなみにフランスとイングランドの間には1時間の時差がありますので、実際の船上での滞在時間は5時間となります。もちろん日中にも便はありますが時間を有効に利用するため、またコストを抑えるために夜便を利用しました。ディエップを真夜中の12時に出航して、ニューヘヴンへ早朝の5時に到着する便です。

乗船前にはゲートで、チケットとパスポートを提示しました。その後、係りの方より車内の検査がありました。チケットの人数通りか、また危険物の持ち込みはないかといったチェックではありますが、空港に比べれば相当ゆるいチェックです。全て人でのチェックでして、特に機械などは使いませんでしたので、ある意味こちらが心配になってしまうほどでした。




フランス縦断の旅日記に興味のある方は、こちらの⤵⤵

アルプスからフランス縦断しイギリスへロードトリップ
ディエップからSNCFフランス国鉄高速列車TGVでパリへ
も参考にしてみてくださいね!

 

ディーエフディ―スィ― スィ―ウェイズの船内

(DFDS Seaways)

 

船内の様子

 

いよいよ、車ごと船内に入りました。スタッフの方が車止めをして下さいました。必要なものだけ持って、階段にて3階分登りました。もちろん車いす対応のエレベーターの設置はありますので、安心してください。

中には、夜通しオープンのレストラン、リクライニング席と映画鑑賞が出来るスペースがありました。日本で利用する船と違うのは、2等用のカーペット席がある船が多いと把握していましたが、この船にはそのようなスペースはありませんでした。イス席で夜通し楽しむか、リクライニング席で休むといったところです。

 

日本との違い

 

日本とちがうところは先ほどご紹介した、船内にシアタールームがあることです。日本では大型船にしかないイメージですが、4時間の航路にしては十分なサービスでした。

残念だったのは日本人目線から見ると、やはり大浴場がないことでしょうか。夜間の利用ですのでせめてシャワールームがあれば良かったのですが、それすらありませんでした。ちなみに毛布は日本と同じく有料でした。

ニューヘヴンからイングランド入国!

 

入国審査

 

フランスの出国はとっても簡単でしたが、やはり航路といえども、イギリスへの入国には時間が掛かってしまいました。今回の私のイギリスの滞在予定は、約1か月間です。始めパスポートだけを提示しましたが、やはり帰りのチケットの提示を求められました。

今回ちょっとした事情もあり、私の復路のチケットがフランㇲのパリからでした。ここイングランドからそのパリまでのチケットは、特に前もって準備をしておりませんでしたので、その点についても色々と質問されました。

 

ゴスポートへ

(Gosport)

 

しかしパリから日本への帰国用チケットあるということで、ようやく解放されました。10分間は捕まっていたと思われます。もちろん行先や滞在先についても、事細かく質問されました。

なんだかんだで無事、イングランド入国を果たしました。私にとっては、イギリス・イングランド初上陸です!ニューヘヴンより約1時間半ほどドライブを楽しみ、朝の7時過ぎにようやく相方のご両親の実家のある、ゴスポート(Gosport)へ到着しました。

イギリス海峡の国境超え

 

イギリスとフランスの国境越えの方法は、いくつかあります。その中で日本人がよく利用するのはトンネルをユーロスターでくぐるか、1番効率が良いのは飛行機でひとっ飛びする方法です。けれどももし工程に余裕がありましたら、航路での国境越えをおすすめします。航路が1番リーズナブルで、国境超えが出来るからです。

また航路にもいくつかルートがありますので、ドーヴァーからプリマス(東から西へ)へ順にご紹介していきます。すべてフランスから、イギリスへ向かう航路でご案内していきます。

 

フランスからイギリスへの航路

カレー  ~ ドーヴァー 最短距離
(Calais) ~ (Dover)

ディエップ    ~ ニューヘヴン
(Dieppe)        ~ (Newhaven)

ル・アーヴル  ~ ポーツマス
(Le Havre)       ~ (Portsmouth)

シェルブール ~ ポーツマス
(Cherbourg)   ~ (Portsmouth)

サンマロ  ~ ポーツマス
(St-Malo)  ~  (Portsmouth)

シェルブール ~ プール
(Cherbourg ) ~  (Poole)

ロスコフ    ~ プリマス
(Roscoff)   ~ (Plymouth)



おわりに

特にキャンピングカーなどでロードトリップをされている方には、カーフェリーが1番お得になりますよ。船内はシャワーとヘッド以外は設備が揃っているので、快適に過ごせます。船もあまりゆれませんでしたし。船内はユーロでもポンドでも、どちらでも利用が可能でしたよ。

合わせて「フランス特集」も参考にしてくださいね!!⤵⤵
南フランスワインの格付けとボルドー地方メドック地区の格付け
生産量世界第二位北フランスのシャンパーニュやブルゴーニュ
プロヴァンスやローヌ・アルプ地方の南フランス郷土料理
ブルゴーニュやブルターニュ地方の北フランス名物料理
フランス語であいさつや自己紹介がしたい!旅行会話初心者編

合わせて「イギリス特集」も参考にしてくださいね!!⤵⤵
JCBは使えない?旅行前に知っておくべきことEUイギリス編

英国海軍拠点の町のポーツマス・ヒストリック・ドックヤード
湖水地方やリバプールのイギリス北部とスコットランドの観光地
コッツウォルズやウェールズのイギリス観光地のハイライト
ウインザー城やブライトンのロンドン周辺の観光スポット
レディーファーストは当たり前?キャンプ好きなイギリス人
イギリス英語とアメリカ英語の違いホテルやレストラン編
イギリス料理は美味しくないのは昔の事!著しいロンドンのグルメ化

コメント

down

コメントする







プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10