添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

バリ島内の移動手段に便利な割安のベモやオジェックとシャトルバス

time 2017/11/10

バリ島内の移動手段に便利な割安のベモやオジェックとシャトルバス

インドンネシアのバリ島はパッケージツアーだけではなく、個人ツアーにも人気の高いエリアになります。今回はそんな滞在中の移動に便利な、様々な移動手段についてご紹介します!(informations to transfer in Bali, Indonesia)



シャトルバス

(Shuttle Bus)

 

主要観光地を手ごろな料金で結んでいて、若い旅行者の間でポピュラーな移動手段なのがシャトルバスです。所要時間も短くみ、外国人旅行者以外は乗っていないので、安全性も高いです。

移動自体を楽しむというよりも、出来るだけ簡単に目的地へ向かうという純粋な移動手段になります。

このシャトルバスはバス会社や、旅行会社が運行するものになります。そのために同一ルートを、数社のシャトルバスが走っています。料金や運行時間は、各社によって多少異なります。

何件か旅行会社を回り、条件面を確認してから予約しましょう。プラマ社(Perama)のシャトルバスはバリ全土に路線を持っていて、便数も多いです。

利用方法は主要リゾートエリアにある各社のオフィスで、目的地までのチケットを購入します。別途料金を支払えば、出発時間前にホテルへピックアップに来てくれるサービスもあります。



タクシー

(Taxi)

 

クタ&レギャン、ヌサドゥア&ブノア、サヌールなどの南部リゾートエリアでは、メーター付きタクシーが流しであります。エアコンを完備していて、日本と同じように天井には”TAXI”マークが付いています。

料金は初乗りがRp7,000で、以降は100mの走行ごとにRp.650ずつ加算されるシステムです。

またタクシーの運転手のなかにはメーターを倒さずに、後で法外な料金を請求してくるケースもあるので、乗り込む前に必ず、メーターで走ることを確認しましょう。

またホテルからは専用タクシーを使えますが、料金はメーター付きタクシーよりも割高になります。利用方法は日本と同じで、道端で手を挙げれば停まってくれますし、ホテルやレストランへ電話で呼び出すことも可能です。ちなみに評判が良いのは、青色の車体が目印のタクシーです。

 

チャーター車

(Charter Car)

 

チャーター車でオリジナルツアーを企画しよう

 

ホテルのツアーデスクなどで、運転手付きのチャーター車のアレンジをしてくれます。また街中やホテルの出口で、「タクシー?」と声をかけてくれるチャーター専用のベモも多いです。短い日程で色々見て周りたい旅行者には、便利でリーズナブルな移動方法になります。

おすすめの使い方は1日単位でのチャーターで、自分たちのオリジナルツアーを実現する方法になります。値段は交渉次第で、行きたい場所や拘束時間を告げて料金交渉に入るのが一般的になります。

クタやサヌールでの料金の相場は、1日最低US30ドル程度で、後はどの程度の距離を走るかによって変わってきます。

近場の1日チャーターではUS30~40ドルくらい、遠出してUS50~70ドルくらいが相場になります。町の旅行会社や観光案内所では、1日8時間でRp.500,000前後からになります。またはタクシー運転手と交渉して、1日借り切ることも可能です。

 

長距離移動に適したチャーター車

 

チャーター車は、純粋な移動手段としても使えます。ただし短距離は、メータータクシーに比べてかなり割高になります。使うのであれば、町と町を結ぶ長距離移動に適しています。料金は片道でも往復でも、さほど変わりはありません。

例えば南部リゾートエリアとウブド間であれば、US20~40ドル程度になります。しかも何人で利用しても料金は同じなので、大勢でチャーターして割り勘にすると割安になります。

 

ベモ

(Bemo)

 

ベモは「庶民の足」と言われる、バリ島の公共交通です。ライトバンを改造したミニバスで、テンパサールにある3つのターミナル(ベモステーション)を起点に、島内の主要な町や村へのルートを持っています。値段も安く、乗り合わせる人は地元の人たちばかりです。

公共交通機関なので規定の料金はありますが、旅行者は地元の人よりも、高い料金を請求されることが多いです。同じような場所から乗った地元の人が、いくらで乗ったか見て払うと良いでしょう。

 

レンタカー&バイク

(Rental Car $ Bike)

 

日本とインドネシアは国際免許の協定を結んでいないため、レンタルには支障がなくても、事故や警官に停められた時にはトラブルになるケースもあります。また交通ルールに対する認識や、道路事情も日本に比べたら良くありません。

レンタカーはホテルのツアーデスクや、町中の旅行会社を通じて借りることが出来ます。車種は小型ではトヨタのアバンザ(Avanza)やダイハツのセニア(Senia)、中型ではトヨタのキジャン(Kijang)が多くなります。料金は1日US25~30ドルで、これに保険料が加算されます。

レンタバイクはレンタカーと同様に、町の旅行会社や宿泊ホテルを通して借りるのが一般的です。借りられるのは90cc、100cc、125ccといったサイズになります。

レンタル料金は1日Rp.40,000~50,000くらいです。1週間程度のレンタルでは1日Rp.35,000くらいで、この料金には保険料は含まれてはいません。



おわりに

 

最後にオジェック(Ojek)とはバイクタクシーのことで、荷物がなくて近距離移動に便利です。クタ&レギャンやバスターミナルなど、人の集まるところで待機しています。

ベモも行かないような街道や幹線から分岐する、郊外の細い道の入り口にも、オジェックのたまりがあります。

合わせてバリ観光の基本情報を知りたい方は、こちらの⤵⤵
バリ島内の移動手段に便利な割安のベモやオジェックとシャトルバス
バリベリーやかかりやすい病気への対策と治安や盗難への安全管理

バリの観光スポットに興味のある方は、こちらの⤵⤵
バリ島ウブドの世界遺産モデルプラン!ライステラスやコピ・ルアックをいただく
ジャティルウィ田園地帯やタナロット寺院&とタマン・アユン寺院を巡る

バリのサーフスポットに興味のある方は、こちらの⤵⤵
バリのサーフポイントのレンボガン島と観光客のいないぺニタ島
世界遺産「バリ州の文化的景観」や夕陽に浸る!サーフィンスポットは?
も、参考にしてみて下さいね!




プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10