添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

ブルゴーニュやブルターニュ地方の北フランス名物料理

time 2017/07/07

ブルゴーニュやブルターニュ地方の北フランス名物料理

フランスと言えば観光はもちろん、美味しいフランス料理も外せませんよね!そんな方に、今日は北フランスの名物料理をご紹介致します!イルドフランス地方のポトフ、ブルゴーニュ地方のエスカルゴ、フランシュ・コンテ地方コンテ・チーズ、ロレーヌ地方キッシュ、ノルマンディー地方シードル、ブルターニュ地方クイニーアマンなどなど、たくさんありますよ!(local foods in North France)



イルドフランス地方の郷土料理

パリを含むイルドフランスでは、牛肉と野菜のスープ煮込みのポトフ(pot au feu)など、家庭料理の代表と言えるものが多いのが特徴です。煮込み料理のナヴァラン(Navarin)やジビエ(Gibier)料理は、秋や冬の味覚の料理ですね。基本的に冷蔵庫にある材料で作れますし、その作り方もとっても簡単ですしね。



ブルゴーニュ地方の郷土料理

ブッフ・ブルギニョン(Boeuf Bourguignon)などの煮込み料理の他、エスカルゴ(Escargot)、パセリとハムのテリーヌ(Jambon Persille)、スパイス入りのケーキ(Pain d’epices)など、美味しい物がいっぱいあります。ガーリックバターで風味を付けたエスカルゴは、私も好きです。このエスカルゴは、古代ローマ時代にも珍重された食材だったんですって。

こちらの👉👉生産量世界第二位北フランスのシャンパーニュやブルゴーニュも参考にしてみてくださいね!

 

フランシュ・コンテ地方の郷土料理

ジュラ(フランシュ・コンテ地方の別の名)のヴァン・ジョーヌ(Vin Jaune)を使った煮込み料理、また特産のコンテ・チーズモルト―・ソーゼージを使用したサラダやパイなどが名物になります。このコンテチーズは、フランスでダントツ1位の消費量になります。私はこのチーズの風味と、香り高いところが気に入ってます。

 

ロワール地方の郷土料理

質の良い食材を生かしたシンプルな料理が多くなり、特に川スズキ(Sandre)、川カマス(Brochet)などのロワール川の魚を使った料理がおすすめです。エシャロットを使ったブール・ブラン・ソースはこの地方で考案されたもので、魚料理に良く合いますよ。

このブール・ブラン・ソースは、白いバターソースという意味なんです。よくよく考えたら、マヨネーズと原理的には同じです。日本にまだバターがなかった頃は、幻のソースとも言われていたらしいです。

 

アルザス、シャンパーニュ、ロレーヌ地方の郷土料理

アルザス地方の料理は、ドイツとの国境にも近いのでドイツ色が濃厚な料理になります。シャンパーニュ地方では、腸詰アンドゥイエット(Andouillette)がおすすめです。ロレーヌ地方では、ミラベル(Mirabelle)という果実も名産になります。またキッシュも有名なんですが、ロレーヌ地方特有の作り方は、なかにクリームとベーコンを入れるんだとか。

 

ノール、ピカルディ―地方の郷土料理

隣国するベルギーの料理と、共通するメニューが多くなります。アンディーヴ(チコリ)、ジャガイモ、ムール貝、ビールを使った料理がとてもポピュラーです。

みなさんはチコリコーヒーって知ってますか?ヨーロッパ原産のハーブの1種なんですけど、高級野菜に分類されています。このチコリの根を刻んで乾燥させて、焙煎したのがチコリコーヒーなんですって。日本でもじわじわ人気だとか。私はまだ飲んだことがありませんが。

 

ノルマンディー地方の郷土料理

 

特産品であるバターやクリームを、料理にたっぷり使うのが特徴になります。またブドウの育成に適さない土地柄、リンゴを使ったシードルカルヴァドスが造られていて、それらは料理にも使われていますね。

個人的にシードル好きです。このシードルとは、シードル専用に育てられたリンゴ100%の微炭酸のアルコール飲料のことです。糖分や、ガスの添加を一切行っていないんですって。身体にもいいですよ。

 

ブルターニュ地方の郷土料理

牡蠣オマールなどの海の幸はもちろんのこと、アンドゥイユ(Andouille/豚の腸詰)も美味しいです。そば粉のクレープ(Galette de Sarrasin)、甘いパイ菓子のクイニ・アマン(Kouignamann)もここが本場になります。このクイニアマンはフランス語のように聞こえて、実は違うんですって。これはブルターニュ地方で話されている、ブレイス語だという事が分かりました。

 

大西洋岸地方の郷土料理

ボルドー近郊では、赤ワインを使った煮込み料理が作られています。国境を越えてスペインにまたがるバスク地方は、青トウガラシもしくはピーマンを使った独自の郷土料理があります。



おわりに

フランス料理は、中國料理とトルコ料理と並んで世界三大料理の1つです!是非行った先で、チーズからスイーツまで、たくさんの美味しい郷土料理を楽しんでくださいね!あわせて世界無形文化遺産にも指定を受けているフランス料理、色々食べ歩きしないと損?ですよ!

合わせてこちらも参考にしてくださいね!!⤵⤵
プロヴァンスやローヌ・アルプ地方の南フランス郷土料理
DFDS Seaways船でディエップからニューヘブンへ
フランス語であいさつや自己紹介がしたい!旅行会話初心者編

コメント

down

コメントする







プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10