添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

フランストロワバレーのメリベルスキー場でスノーボード

time 2017/07/15

フランストロワバレーのメリベルスキー場でスノーボード

世界最大のスキー場トロワバレーは、中心に位置するメリベルをはじめ、バルトランス、レ・メニュイア、モッタレ、クーシュベルの5つのスキー場が点在しています。

このスキー場は世界的に有名なシャモニースキー場や、ヨーロッパ最高峰モンブランの近くに位置しています。またスキーを滑走しながらアクセス出来るという意味で、世界最大のスキー場と言われています。(Meribel in trois vallees ski resort, France)



世界最大のスキー場の中心メリベルスキー場へ

 

5つのスキー場で構成

 

世界最大のスキー場として知られるトロワバレーは、3つの谷間の地形にバルトランス(Val Thorens)、レ・メニュイア(Les Menuires)、モッタレ(Mottaret)、メリベル(Meribel),クーシュベル(Courchevel)の5つのスキー場が点在しています。

このスキー場は世界的にも有名なシャモニースキー場や、ヨーロッパ最高峰のモンブランの南に位置しています。もちろんトロワバレーからも、このモンブランを拝むことが出来ます。



バルトランススキー場に興味のある方は、こちらの⤵⤵

世界最大フランストロワバレーのバルトランススキー場

クーシュベルスキー場に興味のある方は、こちらの⤵⤵
世界最大のフランストロワバレーのクーシュベルスキー場も参考にしてみてくださいね!

 

世界最大のスキー場

 

イタリアにあるドロミテスキーエリアは、総延長1,200kmという非常に長いな滑走距離を誇っています。1枚の共通パスで滑走が可能にはなるんですが、ここもいくつものスキー場の集合体になっています。そのスキー場間は、車やバスでの移動が必ず必要になってきます。

ここトロワバレーは全てのエリアがゲレンデで繋がっており、スキーを滑走しながらアクセス出来るという意味で、世界最大のスキー場と言われているんです。

トロワバレーの最高地点は海抜3,200mにもなります。なかには、高山病に掛かる人も出るようなスキー場にもなります。心配な人は、少しずつ高度を上げていくとよいですね。360度の大パノラマを眺めながらの滑走や、ロングコースの爽快感は大変格別なものがありました。

世界最大のトロワバレースキー場については、こちらの⤵⤵

フランスにある総延長600kmの世界最大トロワ―バレースキー場も参考にしてみてくださいね!

 

他のスキー場へのアクセスが便利

 

今日はそのうちの、バルトランスへまずは入りました。その後スノーボードを楽しみながら、メリベル方面へと滑り下りて行きました。このメリベルは世界最大の面積を誇るトロワバレーのなかでも、ちょうど中心に位置しているので、その他の4つのスキー場へのアクセスが非常に便利なスキー場になります。合わせてゲレンデ内のアクセスも、大変便利です。

トロワバレーの滑走距離は600kmもあって、端から端まで移動するだけでも1日は要してしまうほどの広さになります。けれどもこのメリベルを拠点にすれば、他のスキー場へも時間に余裕を持ってアクセスが出来るようになります。体力的にまた技術的に心配な方は、このメリベルを拠点にされることをおすすめします。

こちらの👉👉フランスアルプスのスキー場とトロワバレーなどのアクセス方法
世界最大フランスアルプスのスキー場のアクセスとリフト料金

も参考にしてみてくださいね!

 

営業期間とリフト代

トロワバレーは標高3230mが最高地点なんですが、メリベルはそのうちの標高1400mに位置しています。営業期間は12月上旬から5月上旬の約4か月間、スキーを楽しむことが出来ます。ゲレンデの総延長はトロワバレーの600kmのうち、メリベルは150km滑走出来ます。トロワバレーの共通パスの5日券が279ユーロに対し、メリベルのみは223ユーロでした。

 

メリベルへのアクセス

 

ジュネーブ空港からのアクセス

最寄りの空港は、スイスのジュネーブ空港(Geneva)になって、車で約3時間ほどのアクセスになります。そこからバスに乗り換え、まずはムティエ駅へと向かいます。そこからタクシーに乗り換え、メリベルの滞在先に行くのが基本のルートになります。気になるタクシー代は目安ですが、チップを含めて7,000円台といったところでしょうか。

 

イゼール空港からのアクセス

 

またはグルノーブル(Grenoble)のイゼール空港(Isere)も、アクセスが便利です。空港からはまずは、バスで1時間弱掛けてグルノーブル駅(Gare de Grenoble)を目指します。ここまで約13ユーロになります。便利なタクシーですが、100ユーロ以上はするでしょう。ですので、ここはバス利用でも良いと思います。

そして電車に約2時間ほど揺られて、ムティエ(Moutiers Salins Brides Les Bains)駅で下車します。電車代は約16ユーロになります。

さぁやっと最寄り空港から最寄り駅に到着したわけですが、最終目的地のメリベルまではあと少しです。ここからさらにまた、1時間ほどバスに揺られます。15ユーロになります。実際には空港からメリベルまで、直行のばすはもちろんありますが、上記のルートが恐らく1番リーズナブルに行ける手段だと思います。

 

メリベルのホテルやレンタルの予約情報

 

もし年末年始にメリベルへの滞在を企画されている方は、ホテルの予約は春頃には済ませた方がよさそうです。このトロワバレーはフランス国内の大きな都市リヨン(Ryon)からも近いことと、またイタリアやスイスとの国境の近いというアクセスが良いこと、そして世界最大のスキー場という知名度からも、世界中から多くのスキーヤ―が集結してきますので、特に年末の予約は早めにしてくださいね。

以前友人が夏前に予約しようとしたら、もういっぱいだったという事例がありましたので...後はキャンセル待ちをするしか、手段がなくなってしまいますので注意です。ここトロワバレーでスキーを楽しむのならば、だいたい1週間弱は滞在されることと思います。レンタルの相場ですが、中級者でしたら5日間で200ユーロ弱と言ったところでしょうか。



おわりに

今冬、もしくは来年のフランス遠征の参考になったら幸いです!とにかくここは世界最大のスキー場の、さらに中心に位置しているので、アクセスの良さが売りのスキー場です。きっとここには1週間近くは滞在するのでしょうから、今日はクーシュベルへ、明日はバルトランスへとトロワバレーを制覇できちゃいますね!

合わせてこちらも参考にしてくださいね!⤵⤵
フランスアルプスのレザルクスキー場でスノーボ―ド
フランスパラディスキーのラプラニュスキー場でスノーボード
フランスエスパスキリーのティーニュスキー場でスノーボード

コメント

down

コメントする







プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10