添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

フランスパラディスキーのラプラニュスキー場でスノーボード

time 2017/07/16

フランスパラディスキーのラプラニュスキー場でスノーボード

今回はフランスにあるパラディスキー・スキーリゾートを構成する、ラプラニュ・スキー場のホテル情報などをご紹介します!ラプラニュ・スキー場の宿泊は、シャンパニー・アン.ヴァノワーズやエイムが便利です。しかし1週間単位での予約しか受け付けていないので要注意です。

同じパラディスキー・スキーリゾートを構成するレザルク・スキー場の、ブールサンモリスに宿泊する方法もあります。また周辺にもエスパスキリー・スキーリゾートを構成する、ティーニュ・スキー場や、バルディゼール・スキー場があったり、またシャモニー・スキーリゾートや、トロワバレー・スキーリゾートに囲まれているロケーションです!(La Plagne in Paradiski ski resort, France)



ラプラニュのロケーション

 

周辺の有名なスキーリゾート

 

東にはエスパスキリー・スキーリゾートを構成するスキー場の、ティーニュ(Tignes)とバルディゼール(Val d’Isere)があります。北東には、世界的にとても有名なシャモニー(Chamonix)もあります。

西には世界最大のトロワバレー・スキーリゾート(trois vallees)を構成するスキー場の、クールシュベル(Courchevel)・メリベル(Meribel)・ヴァルトラン(ValThorens)に挟まれているロケーションとなります。

ラプラニュを含むパラディスキー・スキーリゾートは、日本ではまだ知名度が低いかもしれませんが、ここはフランスを代表する巨大なスキーエリアになります。それもそのはず!パラディスキーエリアの総延長は425kmもあるんです!



世界最大のトロワバレー・スキーリゾートに興味のある方は、こちらの⤵⤵

フランスにある総延長600kmの世界最大トロワ―バレースキー場
世界最大フランスアルプスのスキー場のアクセスとリフト料金も参考にしてみてくださいね!

パラディスキー・スキーリゾートに興味のある方は、こちらの⤵⤵
フランスエスパスキリーのティーニュスキー場でスノーボードも参考にしてみてくださいね!

 

ラプラニュスキー場内の5つのエリア

 

さらにラプラニュは、5つのエリアに分けることが出来ます。モンシャヴァン(Montchavin)・レコシュ(Les Coches)・モンタルベール(Montalbert)・シャンパニー・アン・ヴァノワーズ(Champagny-en-Vanoise)・ベッレコート(Bellecote)のエリアから構成されています。

さら細かく分類すると、11のヴィレッジから成り立っています。車でアクセスした際は、ホテルやゴンドラ周辺に無料で駐車することが出来ました。

ラプラニュの総延長は215kmあって、オフピステ(非圧雪地帯)は自己責任のもとで無限に広がっています。アルプスの山並みはもちろん、ヨーロッパ最高峰のモンブラン、またヴァノワーズ国立公園を眺めることもできました。

 

ラプラニュスキー場へのアクセス

 

最寄りの空港はフランスのリヨン空港(Ryon)、もしくはスイスのジュネーブ空港(Geneve)から、車やバスで3時間の所要になります。ちなみにスイスの物価は、フランスよりもさらに高くなります。

フランスに入ってレンタカーを利用される方もいらっしゃると思いますが、どのレンタル会社も冬用タイヤのオプションが選べません。そのなかでAVISが日本円建てでお手頃な価格でレンタル出来ますけど、もちろん冬用タイヤは選べません。現地でタイヤチェーンを借りるなどして、対応する必要があります。

続きまして、ジュネーブ空港から現地入りをされる方への情報をご紹介します。この空港はフランスとスイスの国境に位置しているので、空港にあるレンタカーオフィスはフランスとスイス側があります。

物価が安いのは、もちろんフランスになります。けれども冬用タイヤが選べないという、デメリットがあります。ちなみにスイスはその冬用タイヤは付いてきます。どちらを選ぶのかは、予算次第になりますね。

 

ラプラニュ・スキー場のホテル情報

 

ラプラニュ・スキー場に滞在

 

ラプラニュの宿泊ビレッジはシャンパニー・アン.ヴァノワーズ(Champagny-en-Vanoise)や、 エイム(Aime)になります。この町から宿を探すと良いと思います。トリップアドバイザーでの評価も良いホテルが、色々ありました。

けれどもこのラプラニュを含む、ローヌ・アルプ・サボア地方に位置しているスキー場は、基本的にはショートステイが出来る滞在先は非常に少ないのです。

たいていは6日か、7日間の1週間単位での予約しか受け付けておりません。年末年始にもなると、1週間の予約を取れば軽く150,000円はかかります。この点は、とても不便です。

 

レザルク・スキー場からのアクセス

 

ちなみにショートステイが出来る宿泊施設があって、また宿泊単価もそう高くないのは、同じパラディスキー・スキーリゾート(Paradiski ski resort)を構成する、レザルク・スキー場(Les Arcs)になります。レザルクの宿泊ヴィレッジは、ブールサンモリス(Bourg Saint Maurice)があります。

同じエリアにあるという事でリフトでアクセスは出来るものの、車で移動するとなんと約2時間も所要してしまうのです。往復約4時間のロスは、大変痛いものです。ですので結局は、ラプラニュ・エリアに宿泊することになりますね。

レザルク・スキー場に興味のある方は、こちらの⤵⤵
フランスアルプスのレザルクスキー場でスノーボ―ドも参考にしてみてくださいね!

 

ラプラニュ・スキー場のリフト代やゲレンデ情報

 

スキーパスはパラディスキー共通パスはもちろんのこと、ラプラニュのみのパスも販売されています。便利な午後12:30から利用できる、午後券も販売されています。

パラディスキー共通券は、一般料金は5日券で273ユーロ、シニア料金は5日券で218ユーロになります。ラプラニュのリフト券は、一般料金は同じく5日券で243ユーロ、シニア料金は5日券で194ユーロになります。

ちなみにシニアとは、65歳~74歳の方が対象になります。標高は1,200m~3,250mに位置しており、滑走期間は、12月下旬~4月下旬までになります。

同じエリアのレザルクとは、ヴァノワーズ・エクスプレスという2階建てロープウェイで連絡していました。私も2017年の年明けに、実際に乗車してみました。このような、2階建てロープウェイというものは始めてでした。乗り場自体がすでに2階建てになっており、同時に乗降車が可能になります。約5分間の乗車で、あっと言う間でした。



おわりに

どうぞ最終の時間には、充分に気を付けてスキーを楽しんでくださいね。新しくできた2階建てのゴンドラを利用して、広大なゲレンデを思う存分に味わってくださいね!ゲレンデからやゴンドラから眺める、アルプスの山々とシャレ―の景色も大変美しかったです!

合わせてこちらも参考にしてくださいね!⤵⤵
フランスアルプスのスキー場とトロワバレーなどのアクセス方法
世界最大フランストロワバレーのバルトランススキー場
フランストロワバレーのメリベルスキー場でスノーボード
世界最大のフランストロワバレーのクーシュベルスキー場

コメント

  • Thank you for the good writeup. It in fact was once
    a enjoyment account it. Look complex to more delivered agreeable from you!

    However, how can we be in contact?

    0

    by plenty of fish dating site €2019年11月12日 10:09 AM

down

コメントする







プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10