添乗員の世界旅行ガイド!国内海外の観光スポットを紹介

世界中を観光する添乗員だからこそオススメできる、国内&海外の観光スポット!現地情報や人気のアクティビティ、絶景ポイントをご紹介!

イギリスのキャンプ生活を経て学んだキャンプ場のアドバイス

time 2017/05/18

イギリスのキャンプ生活を経て学んだキャンプ場のアドバイス

イギリスのウェールズ地方にあるヒレンドキャンプサイトで、約1か月間のキャンピングカー生活を送ってきました。イギリスにもキャンプ場によっては、ファミリー専用のスペースを持っていたりもします。小さな子供がいると周りへの迷惑がきになりますが、専用スペースなら安心ですよね。

そして肝心なのがテントを張ったり、キャンピングカーを駐車する場所です。入口を風下側へ向けて平地に立てることや、水回りに近いことが挙げられます。(hou to enjoy camping in llangennnith, wales uk)



イギリスウェールズでのキャンプ生活

 

ヒレンドキャンプ場

 

この写真は2017年5月に滞在した、イギリスウェールズのヒレンドキャンプ場の一角のです。この日は平日でしたので、キャンプ場は閑散としていました。このキャンプサイトではキャンピングカーで滞在する人、または奥にも見えますがテント泊をする人などなど。

みんながそれぞれのスタイルで、時間を楽しんでいます。この写真は、私の大好きな夕刻前に撮った1枚です。右のキャンピングカーは、すでにピンク色に染まり始めていますね。

 

ファミリー専用スペース

 

写真の右側にリセプションやショップ、炊事場そしてシャワールームが位置しています。反対の左へ歩くと2分で、ロッシリビーチへと繋がっています。全部で4つのフィールドのキャンプスペースが、芝で覆われています。ちなみに2番目に遠いフィールドがファミリー専用スペースになります。

どうしても小さな子供がいて、ぐづついたり泣いたりすると周りへの迷惑が気になりますよね。特にテント泊なら、壁もないので声が届いてしまいますから。ファミリー専用スペースがあると、とっても安心です。



キャンプ場での場所取り

それぞれの家族がそれぞれの工夫をして、その滞在を楽しむのがキャンプ生活です。まずはどこにキャンピングカーを停めたり、テントを張ったらいいのか?実体験から学んだノウハウをお伝えします。

 

①平地であること

そこで宿泊するので、傾いていると寝る時に困ったことになってしまうかもしれません。頭が足よりも低くならないように、同居人と寝床の争奪選にならないように、まずは平地をキープすることが重要です。

 

②入口は風下側へ

風向きも重要です。キャンピングカーやテントの入り口が、風下になるようにセッティングすると快適でしょう。もし入口が風上に向いていて、風が強かったら最悪です。出入りする度にその強風が室内に入り中を荒らされてしまいますし、テントでしたら倒れてしまう原因にもなります。

 

③水回りに近いこと

水回りに近いと非常に便利です。食事の準備と片付けシャワーにトイレと、遠ければその分時間も掛かりますし、そもそもちょっと面倒くさいですよね。

 

④雨漏りしないこと

これは当たり前で、結構重要です。全てが水浸しになっては大変。太陽以外乾かすものもないので、ある意味雨漏りは致命的なトラブルです。テントに穴が開いていないかなど、キャンプ前に事前にチェックしておきましょう。

 

⑤夕陽が見える場所

ある意味非常に大きなウエイトを占めるかもしれません。せっかく夕陽がきれいに見えるキャンプ場にいるのですから、夕陽が眺められなければ意味がない?!ということにならないように。可能であれば明るいうちにロケーションを確認してから、場所を決められたら最高です。

 

キャンプサに必要な持ち物

 

タープとグランドシート

タープがあると便利です。サイトで、リビングスペースを作るのに重宝します。特に雨の日でも、外で食事の準備や団らんも楽しめます。合わせて、テントを張る前に地面に敷くグランドシートは、テントを長持ちさせてくれます。

 

テントマットとシュラフ(寝袋)

同じく下に敷くものシリーズですが、テントマットはシュラフ(寝袋)の下に敷くと快適に休息できます。特に地面に凹凸があったりしたときこそ、欲しいアイテムのひとつです。そしてシュラフは、必ずと言ってもいいほどの必需品になります。これはテント泊だけではなく、車内泊をする時にも大変重宝します。また友人宅にお邪魔するときにも、シュラフがあればどこででも休息出来ますしね。

こちらの👉👉キャンピングカー内部収納スペースの室温管理と寝室も参考にしてみてくださいね!

 

テーブルとイス

続いてはテーブルです。特に2人以上になると、食事をするときやその準備をする時にテーブルがあると便利ですし、作業効率も上がります。テーブルとくれば、イスもあるとくつろげますよ。

キャンプはアウトドアクッキングも楽しいですが、その後の団らんもかかせません。そんな時はイスにゆったりと腰かけて、夕陽でも眺められれば元は取れるでしょう。

こちらの👉👉冷蔵庫のないキャンピングカーで料理する時のアドバイスも参考にしてみてくださいね!

 

ヘッドライト

必要なものはまだまだありますが、今日ご紹介する最後のアイテムはヘッドライトです。キャンプサイトへ遅く到着したときの作業や、夜お手洗いへいく時には必需品になります。



おわりに

あくまでも私の経験上のアドバイスです。キャンプする場所が変われば、条件も変わりますので臨機応変にいきましょう!また天候にも左右されますし、長期滞在になると必ず雨風には遭遇すると思いますので、雨風対策もお忘れなく!

合わせてこちらも参考にしてくださいね!!⤵⤵
ハイエース型キャンピングカーの食料確保とシャワー環境
キャンピングカーの冷暖房設備とメリットデメリット
人生初キッチン付キャンピングカー生活の電気確保の方法

コメント

down

コメントする







プロフィール

YUKI

YUKI

アジア・オセアニア・ヨーロッパを中心に添乗しています! プライべートでは、キャンピングカーでフランスを縦断し、イギリスウェールズまで行ってきました! お問い合わせはこちらまで no.red.wine.no.life@gmail.com [詳細]

アーガイブ


 週間人気ランキング TOP 10